スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1、テニス、競馬と忙しい1日でしたw

2012.10.08 (Mon)
121008-001.jpg
F1日本GPで日本人ドライバーの小林可夢偉選手が自身キャリア初の表彰台を獲得!
どちらかと言うと、今季ここまでツキに見放された感があったので、母国グランプリで表彰台獲得という最高の結果になってよかったと思います!

F1をそれなりに見てきた俺の目(笑)で3位表彰台の結果を振り返ってみます~

1.予選の1発の速さがあった
最終アタック中にイエローフラッグ(他車の事故で減速しなきゃいけない)が出る不運があったのだが、ロスを最小限に抑え4番手タイム(3番手のバトンが降格決定してたので実質3番)を出せた。
前からのスタートはスタート時の混乱に巻き込まれず有利。

2.スタートが決まった
今季は「予選結果が良い→スタートで失敗」「予選結果が悪い→スタートで挽回」な展開が多かったのだが、今回は3番手スタートから1コーナーを2番手で通過と最高のスタートだった。
結果、1-2コーナーで起こったマルチクラッシュに巻き込まれることなく無事レースを進められた。
ちなみにスタートの良し悪しはドライバーの反応もあるが、大抵エンジニアが設定するギア(これが全てではないが)などで決まる。

3.1回目のピットの判断が早すぎ
2番手で周回していたところ、3番手のバトンが先にピットインしコースに復帰。
復帰周回でS2、S3ニュータイヤ効果で自己ベスト更新。
それをみたカムイ陣営は次の周でピット・インさせタイヤ交換させコース復帰。
結果バトンの前で復帰することに成功。
だが、まだタイヤ交換を済ませていないトロロッソの車に数周引っ掛かりタイムをロス。
結果5番手で走行し4周タイヤ交換を遅らせたてたマッサに2番手を取られてしまう結果となった。
トロロッソの前で復帰できる、できなくてもすぐパスできると踏んでいたのかわからないが・・・

4.2回目のピット判断が的確
2セット目のタイヤが消耗しタイムが落ちて4番手のバトンが迫ってきた。
残り周回を考えると、もう何週か引っ張り我慢するかと思われた(今までがそうだった)が、即判断し先陣を切ってタイヤ交換。
結果残り10周バトンの猛追を受けるが粘って3位死守!

大きなスポンサーを持たない可夢偉選手としては、結果を残し実力をアピールすることでしか契約を維持出来ないと思われるので、残り5戦表彰台連発期待ですかね!
121008-002.jpg
F3時代から仲が良かったというレッドブルのベッテル選手が、表彰台で可夢偉選手への祝福のコメントを述べてくれたのは印象的でした。
なので?wレッドブルを飲んで祝杯!(笑)

10/7日は
テニスのジャパン・オープンで錦織選手が優勝!
競馬の凱旋門賞で、オルフェーヴル号が僅差の2位!
日本勢1-2-3フィニッシュ!って違うかw
スポンサーサイト

5807分の1サポーター

2012.10.02 (Tue)
121002-001.jpg
今週末にF1日本GPが開催される鈴鹿サーキットは今年開場50周年になる。
4輪コースの全長にちなんで企画された「5807分の1サポーター」
121002-002.jpg
121002-003.jpg
121002-004.jpg
2500円と高くもないので受付当日にぽちっと。
その1,その2は送料500円で郵送してくれる。
その1,2で発送2回なのに500円とは良心的だと思ったw
その3は別途申しこめばネットで調達できる(事前申込み期間で申し込むの忘れたw)
その4は現地に行かないのでさすがに無理w
121002-005.jpg
先日その2のピンズが届いた。
5807分の461のようですなw

残念

2012.04.15 (Sun)
120415-001.jpg
2012年F1第3戦中国GP
予選4位で3番スタート(ハミルトンのペナルティーのため)だったザウバーの小林可夢偉選手は、スタートと1周目にペースが上がらず後退し、後半盛り返すも10位入賞に終わった。
いつもならポイント獲得おめでとうと言いたいところだが、予選が良かっただけに残念だったね感が漂いますなぁ。
同僚のペレスは1周目にジャンプアップするも、その後の作戦がイマイチで結局可夢偉の後ろで入賞ならず。
毎度のことなんですが、ザウバーの作戦はお世辞にも良いとはいえませんな。
それでも、良かったことが1つ。
タイミングモニター下部のピンクの文字。
BESTLAP 14 K.KOBAYASHI 1:39:960 ONLAP 40
要するに、401周目40周目に可夢偉選手が出したタイムがファステストラップだったってわけですな。
ドライコンディションでのFLは、日本人としては中嶋悟さん以来なんだそうです。
日本人のFL獲得は中嶋悟さん以来2度目、ドライコンディションでは可夢偉選手が初なんだそうです。
ザウバーの車は高いポテンシャルを持っているので、お金持ってる他のチームが追いつく前にwいい結果を残してほしいものです。

F1ファンは可夢偉選手の赤組入り望んでいる?w

2012.03.22 (Thu)
120322-001.jpg
某掲示板でwイタリアの「Autosprint」で行われてる「時期フェラーリドライバーは誰がいいと思うかアンケート」で日本の可夢偉選手が何気に良い感じに推されてるとの記事を見た。
120322-002.jpg
まず、選択肢に「a Kamui Kobayashi」があることに驚き、途中経過「Guarda i risultati」を見て、日本からの組織票なのかどうかは知らんが、ルーベンス・バリチェロについで2番目に推されているのを見て更に驚きw
まぁ、現実性はかなり低いとは思うが、実現するようなことになったら何としてでも金と時間を工面し、鈴鹿に応援に行かねばならんなwww

マーク・ウェバーって日本嫌いのかw

2009.09.29 (Tue)
今週末は鈴鹿サーキットでF1日本グランプリが開催される。
ここ2年間日本GPは富士スピードウェイで開催されていたので久々の鈴鹿開催。
富士、トヨタ関係者には悪いが、やっぱり鈴鹿のほうがおもしろいので、鈴鹿に戻ってきたことは正直うれしい。

ところで、ITV.comのレッドブルF1チームのドライバー「マーク・ウエバー」へのインタビュー
Mark Webber on the spot

Which race would you most like to see dropped from the calendar?

Japan.

Suzuka or Fuji?

Just Japan – full stop.

まぁ、F1カレンダーから落ちた方がいいのは?
日本GP
鈴鹿、富士のどっち?
とにかく日本GP
って事っすよねw
をいをいw
もう、レッドブル飲まないぞ、この野郎www

まぁ、何が気に入らないのか知らんが、他のドライバーには好印象。
以下「F1 Gate.com」より抜粋
ルイス・ハミルトン「小さな頃からテレビで見てきたし、ずっと行ってみたかった」
ニコ・ロズベルグ「鈴鹿はスパと並んでF1のベストサーキット」
セバスチャン・ヴェッテル「鈴鹿は世界最高のトラック」
ニック・ハイドフェルド「カレンダーに僕の好きなF1サーキットが復活するのでわくわくしているよ。」
ヤルノ・トゥルーリ「鈴鹿に戻るのは楽しみだ。」
ティモ・グロック「ファンの存在で特別な気持ちになり、レースをするのが本当に楽しいサーキットだ。」
中嶋一貴「ここ4年間で鈴鹿に行ってはいないので、ほぼ新しい経験と言えますね。全体的に非常に素晴らしい場所ですし、鈴鹿に行くのが待ちきれないです。」
ロバート・クビサ「僕にとって、世界で最高のサーキットのひとつなんだ。ファンも素晴らしいよね。2006年は、夜遅くまでグランドスタンドのファンがサーキットに残っていた。彼らは本当に情熱的だし、F1をとても楽しんでいるよね。」

F1総集編

2006.12.17 (Sun)
アロンソの2連覇で全日程を終了したF1の2006年シーズン。
恒例の総集編が本日深夜に放送される。
時間は12/18(月)1:30~4:00まで。
と、言うより、12/17(日)25:30~と書いた方がわかりやすいかもしれない。
なお、スカパーでは12/29(金)20:00~22:20で放送される。

2007年F1日本GPオフィシャルサイトオープン!

2006.11.09 (Thu)
061109.jpg
F1日本GPは、来年2007年から鈴鹿サーキットではなく富士スピードウェイで開催される。
本日、オフィシャルサイトがオープンした。
オフィシャルサイトには、サーキットまでの来場手段や、チケットの価格、販売方法などが掲載されている。
来場方法は、当初から予想されていたように「チケット&ライドシステム」と呼ばれる、指定場所からの無料シャトルバスに限定される。
車の場合は「パーク&シャトルライド」と呼ばれ指定駐車場から、鉄道の場合は「鉄道&シャトルライド」と呼ばれ各路線指定駅からシャトルバスに乗ることになる。
ただし、旅行会社が発売するツアーは直接場内へとあるので、高いお金を払えばその分楽と言うことだろうかw
チケットだが、当方富士スピードウェイに行ったことがないのでどの席がどのように見えて、どれだけ人気が出る席かわからないのだが、ざっと各席の値段構成を見る限り、残念ながら鈴鹿のときより割高になっている。(ように思う)
世界のトヨタ、と言うよりすばらしい利益を上げているトヨタさん何だから、割安な値段設定にしてほしかったなw
ま、愚痴はさておきw、旅行会社以外のチケットの販売は、来年4/2-4/15の間に1回目の申し込みを受け付ける。
先着順ではなく抽選なので期間内にHP又は郵送で申し込めばよいことになる。

リンク:
2007F1日本GPオフィシャルHP

当分の間ラスト(?)のF1日本GP@鈴鹿のオフィシャルプログラム追加発売決定!

2006.10.13 (Fri)
今年のF1日本GPのオフィシャルプログラムは、日本GPの開催場所が来年から富士スピードウェイになり、鈴鹿サーキットでは当分の間開催が無いとの憶測から、即日完売になっていた。
定価2000円のプログラムがヤフーオークションなどで5000円以上で取引されていたのだが、再来週の月曜日、10/23午前10時から再発売されることが発表された。
即売り切れるかどうかわからないが、欲しいかなと思っている人は急いだ方が良いと思われるw

リンク:
鈴鹿サーキットオフィシャルHP

さすがにジ・エンドかな?

2006.10.08 (Sun)
F1日本GPが終わった。
予選から完璧だったシューマッハとフェラーリ。
そして、負けるならこの形しかないと思われていたマシントラブルが起こってリタイア。
これで、シューマッハのドライバーズタイトル獲得の可能性は限りなく0になった。(最終戦ブラジルGPでシューマッハが1位10点、アロンソが0点しか逆転の可能性が無い)
さすがのシューマッハも「ドライバーズタイトルを獲得するのは無理になった。次戦ではコンストラクターズタイトルを獲得する為に努力するよ」とのコメント。
次戦は吹っ切れた走りでラストレースを飾り、そしてファンを唸らせてほしい。

鈴鹿サーキットシミュレーション@ホンダV10エンジン

2006.10.07 (Sat)
当分の間のラストになる鈴鹿サーキットでF1開催中の最中、ホンダレーシングのオフィシャルサイトで鈴鹿サーキット走行時のシミュレーションの音が公開された。
コースのレイアウト付きの映像と音なので、コースを熟知してるファンには納得のシミュレーションだと思う。

ホンダレーシングオフィシャルサイトはこちら
オフィシャルサイト内「Suzuka V10 simulation」はこちら
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。