スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽が・・・

2011.04.14 (Thu)
110413-001.jpg
3/11に発生した東日本大震災に耐えた水槽だが、4/7深夜に発生した余震には耐えられずラックごと倒れ無残にも全壊してしまった。
停電、断水になったので掃除するのも大変。
奥さんにとても迷惑かけてしまいました(ごめんなさい)
暫くは熱帯魚は飼えませんなぁ。
つか、このまま引退かもねぇ・・・
スポンサーサイト

水槽のメンテ完了

2011.03.19 (Sat)
110319-010.jpg
コケまくりだった水槽の汚れを落としました。
110319-011.jpg
退避してた水草を戻し、地震で吹っ飛んだ発酵式CO2装置も付けて一応元通り。

諦めてた水槽ですが

2011.03.19 (Sat)
110319-006.jpg
地震で停電したことにより水温低下、濾過機能不全で全滅を覚悟してた水槽。
日に日に魚が浮いていくのをただただ見てるだけでした。
夏場じゃないので悪臭を放たなかったのが幸いでしたが・・・
5日後通電したとの連絡を受けたので水が臭くならないようにメンテナンス開始。
死んだ魚を取り除き、汚れてる水草もとりあえず抜いて別途保管。
その過程でなんと動いてる魚を発見!
急遽水槽の再構築作業開始。
水は出ないので外で組んだ水20リットルを4階の家まで搬入・・・
もちろんお湯になんて出来ないので・・・
水を抜いて、水を入れるを繰り返し強制濾過。
110319-008.jpg
亜硝酸(試験紙の左の赤い反応)濃度がだいぶましになったと思います。
110319-007.jpg
救えたのはコリドラスパンダ2匹、ステルバイ3匹、ブラックネオン4匹、ヤマトヌマエビ2匹、オトシンクルス1匹。
よくぞ生きながらえてくれてたなと。
まだ余震の危険が高いので、水量は押さえておきます。
週末に再メンテかけます。

水草変更

2011.03.09 (Wed)
先日発酵式の二酸化炭素発生装置を導入してからというもの、水草の伸びが半端ないw
110309-001.jpg
ちょっとトリミングを怠るとグレーとモスが伸びたい放題w
110309-002.jpg
トリミングも面倒なほど伸びるので、ご退場いただいた・・・
110309-003.jpg
何故かw娘にハムスターのケージを買わされたので、送料無料にするついでに、いつものcharmさんでお買い物

まず、1コイン(500円)セールで安かったので「グロッソディグマ
110309-004.jpg
ちょうどいい感じの量かな。
110309-005.jpg
トリミングするのにピンセットの先に付けるはさみを買ってみた。
水作ピンセット 交換バサミ
110309-006.jpg
こんな感じにピンセットの先につけてトリミングに使います。
110309-007.jpg
この程度の細い水草をトリミングするにはもってこいだが、これ以上太いのは絶対に無理w
110309-008.jpg
110309-009.jpg
手前と奥2ヶ所に植えてみました。
さてさて無事に育って絨毯とかしてくれるか?

気泡をつけ始めたかな

2010.12.14 (Tue)
101214-001.jpg
先日入れて気泡がつかなかった「グレートモス」だが、先週末に換水して、追肥をしたのが良かったのか(?)気泡をつけ始めた。
伸びてきてライトに近くなったからかもしれないがw
101214-002.jpg
オーストラリアンノチドメの葉先にデカイ気泡を発見。
どんな水草も大なり小なり光合成してるってことですな。

リシアを浮かべてみた

2010.12.11 (Sat)
101211-010.jpg
リシアを自作したリシアネットにいれていたが、さっぱり気泡をつけない。
調べたところ、リシアは高濃度のCO2と、強い光がないと気泡をつけないが、浮き草にすれば割と楽に気泡をつけるとあった。
要するに、本来の姿である浮き草にするといいらしい。
なので、半分浮き草にしてみた。
101211-009.jpg
確かに気泡つきまくりでしたw

久々の生物兵器?w

2010.12.11 (Sat)
101211-001.jpg
発酵式とはC02を添加し始めたら、水槽のガラス面に藻、苔の類の増殖が早い。
なので、近場のショップから生物兵器「オトシンクルス」を3匹導入。
次の日見たら1匹返り討ちにされてた・・・

気泡は出たけど・・・

2010.12.08 (Wed)
CO2添加始めたので水草をw」で書いたように、気泡がつきそうな水草「グレートモス」と「リシア」を買った。
グレートモスは、朝方は気泡が付いているが、その後は付いていない。
多分、エアレーションの泡が付いてるだけと思われるw
リシアの方は全然なし
リシアはリシアネットを使用して沈めてる環境だと、なかなか気泡はつかないらしい。
浮かべようかと思案中w

[広告 ] VPS

先日から始めた発酵式でのCO2添加。
アマゾンソードで光合成に寄る気泡が見られます。

今のところの結論ですが、光が水槽下部まで充分に届いてなく、光量不足になっているのかと。
アマゾンソードも水面近くの葉からのみ気泡が出てます。
蛍光灯は3灯なのでそれなりなんですが、インバーター付きにするとかスペックアップが必要なのかなぁ。
ライト周りにアルミを貼って集光するとか、対策があるようなので、ちと試してみようかと。

まぁ、今まで無かった気泡の発生が見られたので、簡単な発酵式とはいえ、なかなかどうして侮れませんなw
これでCO2添加の効果が確認できたので良かったかな^^

CO2添加始めたので水草をw

2010.12.08 (Wed)
101208-001.jpg
チャームさんからCO2添加に必要な機材を購入するときに、水草も買ってみた。
選んだのは、「グレートモス」と「リシア
理由は「CO2添加→気泡がでるだろう」
とても、単純ですw
101208-002.jpg
グレートモスは5本入りのはずが6本入ってた。
101208-003.jpg
後景とのことなので、真ん中の後ろに植えてみた。
101208-004.jpg
リシアは想像以上に多かったw
101208-005.jpg
リシアは浮き草なのでそのままだと浮いてしまう。
なので、通常「リシアネット」と呼ばれる器具でまとめて沈める。
まぁ、言ってしまうと「ただの箱・ケース」なのだが、これがなかなかどうしていいお値段w
某安売りのチャームさんでも5個で1400円w
CO2器具自作のついでに、リシアネットも自作してみましたw
ホームセンターで切り売りのステンレスネットを220円で購入。
ちなみに、このサイズのネットなら軽く7,8個は作れますかねw
101208-006.jpg
蓋をして詰めて
101208-007.jpg
置く場所がないので流木の上に置くことにw
101208-008.jpg
101208-009.jpg
順調に育ってリシア絨毯になるといいなぁ

続続:発酵式CO2添加装置を自作してみる

2010.12.06 (Mon)
101206-008.jpg
発酵式CO2添加装置を自作してみる」で装置を作成し、「続:発酵式CO2添加装置を自作してみる」で材料を投入。
いよいよ設置してみる。
バブルカウンターに水(湯冷まし)を入れる。
発生装置側(エアーチューブが付いている方)のみ水に浸かるようにする。
101206-007.jpg
こんな感じで設置。
セラミックストーン・・・もう少し小さくても良かったかもw
101206-009.jpg
朝9時前に設置して、昼過ぎに帰宅したらちゃんと泡が出てました^^

[広告 ] VPS

泡は出てるんだけど、細かくなく拡散してるように見えない・・・

[広告 ] VPS

もう1つ買っていたセラミックストーンに変えてみたら泡が細かくなっていい感じにw
同じ製品なのに・・・当たり外れって奴ですかね?w
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。