スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトランティス打ち上げ一旦中止へ

2006.08.28 (Mon)
発射台への落雷のため打ち上げが延期されていたスペースシャトル「アトランティス」だが、今度はハリケーンの接近のため一旦格納庫に退避し打ち上げを中止することが決定した。
今後の打ち上げ予定は、9月中ごろに打ち上げが予定されているロシアのソユーズ宇宙船とのバッティングを避けるため、9/7が当分のリミットとなっている。
なお、先日の落雷の影響はないことが確認さえているので、被害が起こらないことと、天候の早い回復を祈りたい。


スポンサーサイト

アトランティス落雷のため打ち上げを1日延期へ

2006.08.27 (Sun)
060827.jpg
Credit:NASA
日本時間8/28午前5時30分に打ち上げを予定していたスペースシャトル「アトランティス」は、射場に落雷があったため、安全チェックをし約1日延期することが発表された。
次の打ち上げ予定は日本時間8/29午前5時4分の予定。

さよなら冥王星!太陽系惑星は8個に減少決定!

2006.08.24 (Thu)
チェコのプラハで開催されている国際天文学連合の総会で「太陽系の惑星の定義」が確定した。
決議された惑星の定義は簡単に説明すると
太陽の周りを回っている。
十分大きな質量を持つ。
自己重力が強く、(結果として)起伏が少なく丸い。
近くに他の天体がない。(軌道を独占している)
衛星(他の天体の月)ではない。
こんな感じ。

冥王星は海王星の軌道と交差し、近くに同様の天体が存在するので、惑星の条件を満たせず、今回惑星から降格することになった。
結果、水星から海王星までが惑星と確定し、太陽系の惑星は1つ減の8個となる。

上記の惑星の定義のうち「近くに他の天体がない。(軌道を独占している)」の条件だけ満たせなかった天体を「dwarf planet(矮惑星)」と新たに定義し、冥王星がその典型であることも確認された。

1930年に発見されて以来、第9惑星として君臨してきた冥王星だが、近年の観測技術の向上により同等の天体が多数発見され、その立場に異論が出ていた。
遂に今回の決議で引導を渡されてしまったのだが、「76年間太陽系の最果ての惑星としてご苦労様でした!」と、言ったところだろうか?
あ、そう言えば、アニメの銀河鉄道999の太陽系最果ての星って冥王星じゃなかったっけかな。
教科書は今後訂正すればいいんだけど・・・どうすんだろ?w
ま、冥王星が無くなったわけじゃなく、惑星と言う身分を失っただけだからいいのかのぉw

惑星の定義どうなる?

2006.08.22 (Tue)
チェコのプラハでIAU(国際天文学連合)の総会開かれているのだが、そこで提案された「新惑星の定義」が原案通り承認されると、太陽系の惑星は現在の9個から12個に増えることになるようだ。
太陽系の惑星は「水・金・地・火・木・土・天・海・冥」とよく言われる9つだったのだが、今回の案で示された+3個は火星と木星の間にある小惑星帯の中で最大の「セレス」、冥王星の衛星とされていた「カロン」、エッジワース・カイパーベルト天体(海王星の外側にある小惑星帯のようなもの)で冥王星より大きい「2003UB313」
これ以外にも惑星になるかもしれない候補が12個もあるそうで、「いったい惑星はいくつ?」状態になりそうな予感。
なぜこのようなことになりそうかと言うと、近年観測技術が向上しより遠くの天体が見えるようになってきて、太陽系最遠の惑星とされていた冥王星より大きい又は同等の天体が発見され始めた。
そもそも惑星の定義が「太陽の周りを公転し、軌道を独占していてある程度大きい天体」のようにとてもあやふやだったので、惑星の定義をちゃんと決めようと言う意見が出て、今回の総会で決めることになったらしい。
冥王星より大きい天体が発見されればそれを惑星と認めるのか、そもそもこの程度天体は太陽系にある程度存在するので冥王星を惑星にしてるのが間違いなのか・・・・
24日の決議案がどうなるかワクワクである。

ちなみに管理人は惑星は8個派ですw



ブライト艦長そらへ旅立つ

2006.08.16 (Wed)
ブライト艦長の声優、鈴置洋孝さん肺がんで8/6に亡くなっていた事を知った。
享年56歳、あまりにも早すぎる。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
遺作となってしまった、劇場版Zガンダム3のDVDがまもなく出る(8/25)のでブライト艦長こと鈴置さんを偲びながら見るとしよう。

アトランティス39B射場へ

2006.08.06 (Sun)
060806.jpg
Credit:NASA
スペースシャトル「アトランティス」がフロリダのケネディー宇宙センター39B発射場に移動された。
アトランティスの打ち上げは「Launch Window Aug.27-Sept.13」なので現地時間の8/27-9/13の間が打上げ可能時間となる。

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。