スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うん予想通りw

2012.07.31 (Tue)
120731-002.jpg
珈琲炭酸エスプレッソーダ サントリー

「サントリー食品インターナショナル(株)からコーヒー入り炭酸飲料「エスプレッソーダ」が本日発売された。
120731-001.jpg
早速買って飲んでみた。
うん、予想通りまずかったwww
チョコレート、コーヒーの炭酸飲料については、美味しいと感じられるものは今後も無理じゃないかねw
スポンサーサイト

オフ会なるものw

2012.07.30 (Mon)
120730-001.jpg
数年ぶり(4年半ぶり?)にみんごるのオフ会に参加すべく先週末に花の都大東京に出陣!
宿が御徒町(上野広小路)にとってあるので土曜日(7/28)お昼前に御徒町駅前で待ち合わせ。
某メンバー(だーれーだー?w)がメイドカフェに行きたいと熱望していたので、初心者でも入れそうなメイドカフェを探しつつ秋葉原界隈を動きまわるも、本日とても暑く(なんでこの時期にオフ会なんだとw)喉が渇いたってことで偶然発見した謎の居酒屋さんで休憩。
この居酒屋さんは、東京秋葉原にある鉄道居酒屋『LittleTGV』
まぁ、電車系(?)みたいですねw
120730-002.jpg
120730-003.jpg
上のLittleTGVの店員さんもおすすめしてたメジャーな@ほぉ~むカフェさんに行こうとするも並んでいて断念w
次の候補でめーどりーみんさん(あとで知ったがさぁど「3号店」だったらしい)に行ったら・・・
トンネルを抜けるとそこは雪国だった・・・じゃなくて、エレベーター降りたらそこはメイドカフェだった状態でw
ボケは置いといて、実は全員メイドカフェに行く予定じゃなく、覗く程度で来たメンバーも逃げられない状況で、結局みんなでメイドカフェ初体験とw
メイドカフェ・メイド喫茶ならめいどりーみん
120730-004.jpg
上のTGVさんもそうなんですが、写真撮影に制限があって、原則店員さんは写しちゃダメってところがほとんどのようですな。
セットメニューに最後にポラロイド写真がついてたのでみんなで撮影
名誉のためにモザイクかけましたwww
120730-005.jpg
120730-006.jpg
ホテルは「上野広小路R&Bホテル
13階建ての13階の部屋でスカイツリーも見える部屋でした。
安くて場所もいいし、次回もここでいいなw
チェックイン後少々休憩して居酒屋→カラオケで3時前に就寝w
120730-007.jpg
次の日(7/29)は上野からシャトルでスカイツリーへ。
200円で座っていけるのでナイスなチョイスでしたな(約1名バス酔いしたらしいがw)
120730-008.jpg
団体客用の撮影場所?
120730-009.jpg
支柱?www
120730-013.jpg
真下から見上げると流石に見えませんな。
120730-014.jpg
少し離れてやっと全貌が。
120730-015.jpg
これぐらい離れると完璧っすな。
120730-016.jpg
さすが電波塔、TV関連のショップがあって、TBSショップさんはけいおん結構おしてましたな。
120730-017.jpg
1人足りないと思ったら影に隠れてましたw

あれ、スカイツリーに登ってないのって?
はい、チケット持ってないし、登ってませんw
まぁ、行った時点で当日券はまだ残ってたんだが、お昼ごろにやっと登れるってことだったので、時間もあまり余裕が無いので今回は見送りってことで。

オフ会お疲れ様でした。
次回は涼しい時にw

今度は目薬ときたかw

2012.07.26 (Thu)
120726-004.jpg
サンテFX 製品情報

ヱヴァンゲリヲン新劇場版の第3作目「Q」の公開が今年の11/17に決まったので、今後はタイアップだのキャンペーンだのの嵐だろうなとは思っていた。
まぁ、可能な限り参加するのが義務だと思っているのでw問題はないのだが、目薬ですかって感じは確かにあるw
で、早速仕事帰りにドラッグストアに寄って買ってみた。
120726-001.jpg
120726-002.jpg
120726-003.jpg
コンタクト使っているので目薬は常時携帯するほど使っているのだが、2個で1480円とは結構お高くてワロタw

ペプシ「塩スイカ」

2012.07.26 (Thu)
120725-001.jpg
「ペプシ ソルティーウォーターメロン」季節限定発売 2012.5.28 ニュースリリース サントリー

ペプシの毎度のフレーバーシリーズの新商品が発売された。
今回は「ソルティーウォーターメロン」なので「塩スイカ」ですかなw
120725-002.jpg
早速買ってノーパソのメモリ交換しながらw飲んでみまたけど、確かにスイカ味のジュースですな。
塩の味はそんなに感じないかな。
まぁ、うまくもまずくもなく普通に飲めるので、ゲテモノシリーズとしてはダメダメですなw

2012年第2クール(春アニメ)感想総括

2012.07.23 (Mon)
溜りに溜まっていた2012年春アニメ(第2クール)を見終わった。
さすがに4月スタート+前期から継続2クール目なので本数多く時間的に大変だった気がする。

アクエリオンEVOL(26)
あっちこっち(12)
うぽって!!(10)
これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド(10)
君と僕。2(13)
ZETMAN(13)
さんかれあ(12)
坂道のアポロン(12)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(12)
つり球(12)
黄昏乙女×アムネジア(12)
夏色キセキ(12)
謎の彼女X(13)
Fate/Zero 2ndシーズン(12)
這いよれ! ニャル子さん(12)
緋色の欠片(13)
モーレツ宇宙海賊(26)
ヨルムンガンド(12)

全18タイトル、244話
1話24分とすると5856分で約96時間見たことになる。
何気に結構時間取られた気がしてたのだが、この数字見ると納得w

おすすめTOP3(順意味なし)
咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
黄昏乙女×アムネジア
モーレツ宇宙海賊

ややおすすめTOP3(順意味なし)
這いよれ! ニャル子さん
ヨルムンガンド
夏色キセキ

曲(OP,ED)TOP3(順意味なし)
アクエリオンEVOLのED曲:月光シンフォニア
黄昏乙女×アムネジアのOP曲:CHOIR JAIL
緋色の欠片のOP曲:ねぇ

2012年第2クール(春アニメ)感想19(あっちこっち)

2012.07.23 (Mon)
120723-001.jpg
©異識・芳文社/あっちこっち製作委員会
あっちこっち 公式ホームページ

ラブコメな学園物でハーレム(ハーレムとは若干違うかもしれんが主人公がモテモテなのは間違いないw)と俺的3大王道なアニメ。

このアニメの他にあまりないなと思うのは、
ヒロインが主人公を好き
主人公もはっきりと表現しないがヒロインが好き
他の女性陣も主人公が好きだが、奪い合うのではなく、ヒロインの主人公に対するノロケ等を楽しんでいる。
つまり、スタート時から恋愛関係が出来上がっていて、最後まで変わらない。
要は誰得アニメなわけであるwww

こう書くと批判的に取られるかもしれないけど、そんな事はなく、全般的にゆったりほのぼの日常系で、何気に良い感じだったりします。
ラブコメじゃなくギャグアニメって言ってもいかも知れませんねw
あと、これだけは一言、このアニメは「姫っち」を見るアニメですw

個人的評価
内容「A」音楽「A」」総合「A」

2012年第2クール(春アニメ)感想18(さんかれあ)

2012.07.22 (Sun)
120722-001.jpg
©はっとりみつる・講談社/さんかれあ製作委員会
さんかれあ 公式ホームページ

ゾンビが好きな男子高校生と、超がつくほどのお嬢様な女子高生がゾンビになって・・・
お寺の息子でゾンビ好きな主人公「降谷千紘」は飼っていた猫「ばーぶ」が死んでしまいゾンビとして生き返らせるべく「秘薬」の研究をする。
本作のヒロイン「散華礼弥」は千紘がゾンビ薬の研究をしているときに偶然出会い、その薬を勝手に持ち出し飲んで、悲運にも崖から転落死ゾンビとなる。
ゾンビを生み出した責任からか、礼弥を正体を隠しつつ匿いながら奮闘していく。
礼弥の家の異常な確執、ゾンビ対幼馴染絡みの恋愛絡みとかの展開もいい感じ。

だが、だが、だが、この終わり方って・・・
このシーンで終わり?・・・
ここで切るかなぁ・・・
分割2クール、2期フラグですか?って言いたいけど・・・
あるか不安だなぁ。
元祖不完全燃焼(※俺の中でデスw)こと、○様ド○ルズにならないことを祈りますw

個人的評価
内容「B」音楽「B」総合「B」

キャピタルゲイン→インカムゲインってかw

2012.07.22 (Sun)
120721-005.jpg
昔から金儲けが好きなので(笑)、多額ではないにせよ金融商品なるものはひと通り手を出して気がする(笑)
最近子供たちにも金掛かるようになってきたし、自由に使える金も限られる。
金融情勢も不安定だし、これからはそうそう損は出せないから、キャピタルゲイン(売買による値上がり益)重視からインカムゲイン(配当、利息、クーポン等の保有することで得れる利益)重視に変更だなって!
まぁ、それは冗談として、最近ネットばかりで買い物するようになって、それなりの頻度でビックカメラを利用するので株を買ってみた。
「株買ってビックカメラを応援すんのか?」って言われそうだが、ネットで買った商品に株主優待券を使えるからって単純な理由でw

まず、ビックカメラの株は1株から買える。
俺が買った時は35000円ぐらいだったが、先週末の株価だと1株40100円。
最近は単位株(取引できる株数)が少ない銘柄が多くて簡単に取引できるのはいいですな。
昔は最低1000株、100万ぐらいからってのがほとんどだったような気がする・・・

ビックカメラの株主優待券(商品券)は1株に対して(複数持つと割増あり)、半年に1度1000円、2000円の優待券が、1年以上の長期保有で更に年1000円、2年超で更に1000円、MAX年5000円の優待券がくる。
優待とは別に年間配当も1000円(過去実績による)なので、都合年6000円。
トータル利回りは、今の株価だと年利15%。
低金利時代にすごいね(笑)
120721-006.jpg
注文時に優待券充当して差額支払いにしてもらえると一番楽なんだが(店頭ではもちろん可能)、ネットでの購入の場合は優待券を郵送して後日返金という流れ。
郵送してから1週間程度で指定口座に振り込まれる。
半年に1度お買い物するってことで売却しないだろうから、配当金も口座振込みの手続きを済ませた。
実は配当金口座振込みにしたの初めてだったりする。(今までは窓口でマメに受け取ってた)

俺が株主になる前までは半年ごとにもらえる優待券の利用期限が1年間あったので、5000円分まとめて使えていたのだが、現在の優待券は半年の期限になっているのでまとめて使えない・・・・
この点は改悪されたってことですかなぁw
半年ごとに2000円、3000円のお買い物で我慢しろってことでw

ここまでだらだら書きましたが、投資はキャピタルゲインを目指すべき。
今もこれからもですw

確かにダメかw

2012.07.21 (Sat)
120721-001.jpg
先日アマゾンに売却に出したら買取不可で評価された「テイルズオブグレイセスエフ」が戻ってきた。
120721-002.jpg
返品しないで評価減でいいよって選択したんだがダメだったらしい。
120721-003.jpg
120721-004.jpg
まぁ、中古で買った時から破損してた(なので安かったw)のだが、ぶっちゃけよく確かめないで買取に出した。
返品されてきて確認してみると、何気に結構破損してるなとw
知らないで買取に出したのかよ!って突っ込まれそうだが、思えばよく確かめないで買い取りに出しましたなぁw
まぁ、確かめなかった理由は・・・
買取、返品共に送料がかからないのでとりあえず送っておけって・・・
今後気をつけますw

いつの間に

2012.07.19 (Thu)
120719-001.jpg
120719-002.jpg
120719-003.jpg
今日晩飯食いながら録画してあった番組を見ようとしたら、まさかのドット抜けを発見。
今まで気が付かなかったとは思えないので、最近出来たんだろうねぇ・・・
この類って、気がつくと、以降気になってダメねw

安心のローソンさん

2012.07.17 (Tue)
120717-001.jpg
映画「けいおん!」オリジナルミニフィギュア 首かけキャンペーン 7月16日(月)より開始
映画けいおんのBD、DVD発売に合わせて7/16(月)より伊藤園の「お~いお茶」にストラップのおまけが付くキャンペーンが始まった。
今回は珍しくwローソン限定ではなくコンビニ、駅売店となっていた。
7/16は海の日で休みだし、各コンビニなら楽々入手できそうだと余裕で構えていた。
昼飯食ってサイクリングがてらコンビニ行脚しようかと某巨大板を見たら、一部コンビニを除いて並んでない情報が溢れてた。
並んでない理由は、おまけ付き商品の入荷が7/16の夕方で、尚且つ、その前に入荷してる商品が売れない限り補充されない店がほとんどだったようだ。
要は、ローソンのように「いつからはじめるよー」てのが明確じゃなかったらしい。
一転余裕じゃなくなるのかと思ったのだが、毎度のローソンは公式で7/17(火)からとなっていて、慣れてない他のコンビニ探しまわるより火曜の朝にローソン回ればオケかなと。
まぁ、ローソンのキャンペーンはほぼ火曜日スタートで今回もいつもと同じだし、ローソン抑えりゃ大丈夫かなとw

実はここ1ヶ月かけていろいろなローソンに寄ってチェックしてみた。
何をチェックしてたかというと、キャンペーン商品の扱い量。
店の広さもそうだが、各店舗仕入れ量に差があるので。
こういう時の身軽な自転車通勤最高っすw

と、言うことで、ちと通勤ルートから外れる狙いのローソンに寄るべく朝30分ほど早めに家を出た。
120717-002.jpg
120717-003.jpg
飲料の棚の前にダンボールの上を切った状態でオマケが見えるように陳列してあった。
簡単に6種コンプ。
さすがローソンってところだろうかw

初アトリエシリーズ終了

2012.07.16 (Mon)
120716-001.jpg
ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~公式サイト
最近やるゲームが尽きたので(笑)、ちと気になってたアトリエシリーズに手を出した。
萌え絵に惹かれてってのもあるけど(笑)、今年の5月末にBest版の価格改定があって更に安くなったからってのもある。
決して萌え絵だけに惹かれただけじゃありません(キリッ)
今回は初代の「ロロナのアトリエ~アーランドの錬金術士~」
何をするゲームかというと、

依頼される物を錬金術で生成する
生成するためには素材を各地に取りに行く必要がある。
町の外にはモンスターが居るので戦わなきゃダメ。
要はお使いゲーム、ルーチンゲーム、こんな感じですwww

生成、戦闘はぶっちゃけ簡単ですが、錬金術を行ったり、移動したりすると日付が進み、かつ3年間と期限がある一種のターン制なので、時間に追われるので、あれもこれもできなくなり、ちゃんと考えて行動しなきゃいけなくなるので、この点は難易度が高いと言えます。

あと、14種類のマルチエンドで全エンディングを見ないとトロフィーコンプできないってのも、面倒臭さって意味では難易度は高いですわなw
ただの萌え絵のゲームと高をくくってかかると痛い目を見ますなw

個人的に面倒だった2つのエンディングは
120716-002.jpg
レベル50(MAX)達成しクリアで冒険者エンド
120716-003.jpg
120716-004.jpg
100万コール以上持ってクリアでお金持ちエンド
俺にも働かなくていいぐらいお金くださいwww
120716-005.jpg
120716-006.jpg
無事トロフィーコンプ達成。
120716-007.jpg
マルチエンディングなのはいいとして、定期のエンディングを何度も見なきゃいけない仕様。
ココはスキップできるようにしとくべきだろうw
当初は4分30秒待たせられるのが苦痛に感じたのだが、何度もED曲「不思議なレシピ」を聞くうちに名曲に思えてEDを見るのが嫌にならなくなる不思議w
まさにタイトル通り不思議だね(違うかw)
120716-008.jpg
なんだかんだ言って70時間と、意外とかかったかな
あと、発売当初から言われてる「フリーズ問題」は、Best版、アップデートかけても頻繁に起こる。
俺のPS3が初期型ってのもあるのかもしれないが・・・
まぁ、やりこんでいくうちにフリーズが起こる前兆がわかってくるので、ある程度回避可能なのだが、結局クリアまでにトータル10回はフリーズしたかな。
120716-009.jpg
120716-010.jpg
アマゾンから2914円で買って1982円で売却。
差し引き932円っていいのかねぇw
あ、そうそう、一緒に売却した「テイルズオブグレイセスエフ」だが買取不能で返品されるらしい。
そもそも中古で買った時にケースに穴が開いてたので・・・
査定の人、ちゃんと見てるんだね(見てないのかと思ったwww)
120716-011.jpg
早速ポイントでアトリエシリーズ第2弾「トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~」をぽちっとw

2012年第2クール(春アニメ)感想17(謎の彼女X)

2012.07.15 (Sun)
120715-001.jpg
©植芝理一・講談社/風見台高校2年A組
©Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights
StarChild:謎の彼女X

高校2年生の主人公「椿明」のクラスに不思議な女の子「卜部美琴」が転校してくる。
暇さえあれば机で寝ている。
それもよだれを垂らして・・・そのよだれを明は舐めてしまう。
なんと、彼女はよだれで感情を伝える不思議な能力の持ち主だった。
そして、2人は秘密の交際をはじめる。

俺的には、人の唾液は舐めたいと思わないので、毎回出てくる「日課」こと美琴が明に唾液をなめさせる描写は最後まで受け入れがたかった(笑)
全般的なキャラデザもぶっちゃけ好みじゃないが、たまにイメチェンする美琴の表情は何気に良いかも。
高校生の初々しい恋愛話だが、お互いの心理描写が細かく、同級生等を巻き込んで一喜一憂する様は、ストーリー的にはとても面白い。

個人的評価
内容「B」音楽「A」総合「A」

2012年第2クール(春アニメ)感想16(坂道のアポロン)

2012.07.14 (Sat)
120713-001.jpg
(C)小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会
アニメ「坂道のアポロン」公式サイト

父親の仕事の関係で転校を繰り返してきた主人公「ボン」こと「西見薫」は人付き合いが得意ではない。
高校に入学して同じクラスになったいかにも不良っぽいいでたちの「セン」こと「川渕千太郎」は見た目と違い面倒見が良い。
センの幼馴染「りっちゃん」こと「迎律子」の実家はレコード店。
本作のメインである「ジャズ」を通し次第に打ち解け、恋をしていく。

音楽、男の友情、恋愛、家庭環境と盛り沢山な内容なのだが、全体的にシリアスな感じ。
後半盛り上がっていくのだが、最終話だけ詰め込み過ぎというか、尺足りなすぎ?な感は正直した。
センが出ていってから再会するまで唐突すぎるような気が・・・
偶然にあった百合香さんの写真からセンの居場所って8年後に話し振った意味がw
2-3話ぐらいにしてもっと細かくしてやっても良かったんじゃないかなと。
いっそ2クールにしとけばよかった?

個人的評価
内容「A」音楽「A」総合「A」

虫対策

2012.07.13 (Fri)
120712-001.jpg
今時期、特に夕方になると、河川敷や田んぼの近く、要は自然の豊かなところを自転車で走っていると顔にガンガン虫が当たる。
口の中に入るのは栄養補給と諦めているのだが、目に入るとさすがに危ない。
なので、メガネ系で対策するしかないなと結論。
サングラスかけると夜は自殺行為なので、可視光をカットしないクリアグラスなものを購入すべく探っていたところ、楽天お買い物マラソンでちょいと安め(対アマゾンw)なのを発見。
山本光学社製の「Assist Glass YK-6」
山本光学はなじみないかもしれないが、「SWANS」シリーズを作ってる会社といえば、知名度はかなりのものではないかと思う。
120712-002.jpg
120712-003.jpg
元々日中、野外でスポーツする時にも使えるように偏光グラスもついていて、取り替え可能。
120712-004.jpg
120712-006.jpg
長さも角度も調整できるのでフィット感抜群。
花粉症対策にもなるらしい。
これで、送料入れて1500円だったのでお買い得だと思いました。

2012年第2クール(春アニメ)感想15(つり球)

2012.07.11 (Wed)
120711-001.jpg
©tsuritama partners
TVアニメ「つり球」

フランス人の祖母の住む江ノ島に移り住み転校してきた主人公男子高校生「真田ユキ」
転校を繰り返してきたせいか、コミュニケーションのとり方がうまくなく、人付き合いができない。
そこに同時に転校してきた元気で不思議な男の子「ハル」は自らを「宇宙人」と言い切る。
その自称宇宙人「ハル」が地球に来た目的は自分たちの仲間が悪さをし地球人を困らせるので連れ戻しに来たというから尋常じゃない。
釣りを通して友だちができ、バイトをして成長するユキの様はなかなかどうして見ていて清々しく感じる。
無事地球の危機を救い自分の星へ帰ったハルたちだが、半年後3年生になったユキたちの元へ帰ってきたのは、ご都合すぎじゃねぇかと突っ込みたくなったが、シリアスにまとめるよりオールハッピーで終わるのもありかなと。

個人的評価
内容「A」音楽「A」総合「A」

2012年第2クール(春アニメ)感想14(咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A)

2012.07.10 (Tue)
120710-001.jpg
©小林 立/スクウェアエニックス・咲阿知賀編製作委員会
アニメ「咲-Saki-」シリーズのスペシャルサイト。

まず世の中で競技麻雀が普通に浸透していて、女子の学生大会(インターハイ)まである麻雀が身近な設定。
本作は「咲-saki」の2期ではなく外伝的な位置づけ。
前作(「咲-saki」)が長野県の清澄高校の女子麻雀部がインハイ県予選を勝ち上がり全国大会まで進むところまで放映されたのに対し、今作(阿知賀編)が奈良県の阿知賀女子が全国大会に出場(県予選はさくっと消化w)し準決勝までの戦い。

前作のキャラ、ライバル校なのが出てくるが、清澄の全国大会の戦いは放映されない。
時系列では前作後(全国大会)が準決勝まで進むし、前作ではちょっとしか触れられてない今後のメインキャラだろう咲のお姉さん「照」が全国大会に出て対戦するので、2期っぽい気もしないでもない。

他の麻雀物と違うのは、キャラが女子だけで、なおかつ可愛らしい女子高生(笑)
キャラは萌全開なのに、打ち筋は・・・
ドラが集まったり、次の手が見えたり、リーチかけると1発、嶺上使いに海底使いとオカルト麻雀のオンパレード!
だが、それがいい!(笑)

本作のタイトル「阿知賀編」となっているのは、阿知賀女子のメンバーが中学時代に「咲-saki」に出てくる「原村和」の活躍に影響され、その「原村和」と戦うべく、高校進学とともに麻雀部を復活させ県予選を勝ちあがり、全国大会で対決を目指すのがメインな話なので「阿知賀編」で間違いはない。
だが、全国で対戦するライバル校の話が幾つか存在するのだが、中でも「千里山女子」編的なものがとても良い感じ。
次の1巡(無理すると2巡、3巡)が見える病弱な「園城寺怜」とその仲間達の話がとてもいい!
もう、
多分、
いや、
きっと、
既に、各方面で言われてると思うのだが、俺もあえて言わせていただこう

「咲-Saki- 千里山編 episode of side-A」でよかったな!

原作の進行が遅く(悪い意味じゃない)ストックが貯らず、前作の続編は当分先のようだが、今作は元々の放映分が12話で収まりきらなかったとかで、この後3話分がネットで配信されるとのことなのでとても楽しみです。

個人的評価
内容「S」音楽「A」総合「S」

2012年第2クール(春アニメ)感想13(黄昏乙女×アムネジア)

2012.07.09 (Mon)
120709-001.jpg
©めいびい/スクウェアエニックス・「黄昏乙女×アムネジア」製作委員会
TVアニメ「黄昏乙女×アムネジア」公式サイト

主人公「貞一」が通う学園は増改築を繰り返し、特に旧校舎は迷路のように入り組んでいる。
その入り組んだ旧校舎にはお約束の怪談話「旧校舎の幽霊」が。
意識してる人には見え、声も聞こえ、幽霊なのに触れることもできるという、ほぼ人間じゃないのかと突っ込みたくなる旧校舎の幽霊こと「夕子」さん。
旧校舎に迷ういこんだ時、階段の話を思い出し、夕子と出会う貞一。
自分がなぜ幽霊になったのか過去の記憶が無いという夕子さん。
貞一に一緒にその謎解きをお願いするのだが・・・

昔、疫病を抑えるために人柱にされた事。
その時の嫌な記憶を分離することで、醜い自分を隠してきたこと。
ラストはその分離したもう一人の「夕子」さんを受け入れ、そして成仏していく。
最後の筆談のシーンは久々の号泣でしたw

まぁ、感動のラストの後に、超ご都合主義な復活はwww2期への繋ぎってことでしょうか?www

内容、音楽ともに今季No.1と、言い切ってもいい作品です!

個人的評価
内容「S」音楽「S」総合「S」

2012年第2クール(春アニメ)感想12(モーレツ宇宙海賊)

2012.07.08 (Sun)
120708-002.jpg
©笹本祐一/朝日新聞出版・モーレツ宇宙海賊製作委員会
StarChild:モーレツ宇宙海賊

普通の女子高生だった主人公「加藤茉莉香」
戦争がない現代、私掠船免状を交付された船にだけ認められる海賊船。
茉莉香はその海賊船の1つ「弁天丸」の船長の子だと知る。
その弁天丸の船長が不明となり、私掠船免状の更新には直系の跡継が船長を継がないとダメで、茉莉香が船長を継ぐかどうか決断を迫られる。
悩んだ末女子高生のまま海賊船長に就任し海賊稼業にも携わるようになっていく。

女子高生の華やかさと、海賊稼業と言っても、宇宙船のバトルっぽいのもあってとてもバランスが取れてる感じが良い。
女子高生だけど色恋沙汰は一切ありません。
ですが、替りといっちゃなんだが、女の子同士の・・・あぁ、色恋沙汰はなくても、色恋はあるのかw
全26話と長めだが、次回予告まで丁寧に作ってあって、ダレることなくクライマックスに持っていくさまは必見。

続編を期待したいところだが、2期ではなく劇場版とのこと。
ぜひ2期作成に踏み切って欲しいところである。

久々に猛烈にプッシュしたい作品だったりします。
タイトルが「モーレツ」なだけに(お粗末ですが、マジメにそう思ってますw)

個人的評価
内容「S」音楽「A」総合「S」

2012年第2クール(春アニメ)感想11(夏色キセキ)

2012.07.08 (Sun)
120708-001.jpg
©「夏色キセキ」製作委員会
夏色キセキ

仲良し4人組の女子中学生。
その中の1人が親の都合で夏休みの後に転校が決まる。
神社の「お石様」に手を乗せてお願いをすると様々な願いが「叶う」=「奇跡」が起こる事に気づく。
4人で過ごせる残された時間を楽しみながら、最後はアイドルになりたい夢に向かってオーディションを受ける。

その奇跡は、空飛んだり(笑)、人物が入れ替わったり(笑)、透明人間になったり(笑)、最後はエンドレスエイト、失敬(笑)夏休みが終わらない・・・
その起こる奇跡が、最初はハチャメチャに感じてただ笑うだけだったけど、慣れてくると意外と受け入れられる不思議w
奇跡の「ありえなさ」はアニメなのでいいとして、手の長さ(リーチ)とかにはもう少しリアルさにこだわって欲しかった気はするし、キャラデザが各話違いすぎなのは、急いで作ったからですか?って突っ込みたいのは抑えておきましょうかw

まぁ、難しい設定一切なし、マッタリ系にして良作なのは間違い無し。
良作だったのに、ローソンとのタイアップは知名度無さすぎか、見てるこっちが悲しくなる惨敗ぶりじゃなかったかな?w
タイアップの時期早すぎたんじゃないかな?(知名度広めるためにやったのか・・・)

個人的評価
内容「S」音楽「B」総合「A」

2012年第2クール(春アニメ)感想10(うぽって!!)

2012.07.07 (Sat)
120707-001.jpg
©天王寺キツネ/角川書店
アニメ うぽって!! 公式サイト

「軍用銃=女子学生」
こう書くと何のことだかさっぱりわからないと思うが、要は、擬人化(ちと違う気がするがw)で、軍用銃にはいろいろな種類があるらしく、その種類によって初等部がサブマシンガン、中等部がアサルトライフル、高等部がバトルライフルになっている。
彼女たち自体が銃なのだが、撃つときには銃を持つw(銃が銃を持って射撃するw)
銃が壊れやすいと体が弱いとか、人間が発砲していない(銃自体が発砲)と人間が被弾しても大丈夫とか・・・銃のことはさっぱりわからんけど、ギャグアニメとして十二分に楽しめます。

個人的評価
内容「A」音楽「B」総合「A」

2012年第2クール(春アニメ)感想9(めだかボックス)

2012.07.04 (Wed)
120704-001.jpg
©2012 西尾維新・暁月あきら/集英社・箱庭学園生徒会
TVアニメ めだかボックス 公式サイト

容姿端麗・文武両道・頭脳明晰で能力は人並み外れていて、要はスーパーウーマン!
尚且つ、家庭は金持ちと非の打ち所がない女子高生主人公「黒神めだか」が、箱庭学園の生徒会長になり、仲間を集めながら生徒会執行部を運営し、目安箱に投書された問題を解決していく。
原作は物語シリーズの西尾維新さんなのでどんなもんかと思ってみたが全然違いますな(深い意味なしw)

個人的評価
内容「B」音楽「B」総合「B」

2012年第2クール(春アニメ)感想8(アクエリオンEVOL)

2012.07.03 (Tue)
120703-001.jpg
(C) SHOJI KAWAMORI, SATELIGHT / Project AQUARION EVOL
アクエリオンEVOL

アニメを見ない人でも結構知名度が高い「創聖のアクエリオン」の続編新作
あの有名になった合体時のフレーズ「きもちいい~」は今作にも健在w

前作の1万2000年後の世界なので登場人物の直接関係はないが、過去生(生まれ変わり)あり、酷似した登場人物あり。
次元ゲートから敵が攻めてくるので、エレメント能力を持った少年少女たちがベクターマシンを操り、時には合体し敵の攻撃を食い止める。
その敵はアルテア界からやってくるのだが、その理由はアルテア界には女性が居なくり子孫を残せなくなったので「イグラー(女性)」を求めやってくる・・・

「○○合体」にはネームングも含めて明らかに狙ってる回があり、ギャグアニメ?と、突っ込みたくなる場面あり。
まぁ、そもそも、アクエリオンはロボットアニメのジャンルではなく、ラブコメと認識すべきだと思うw

いくらラブコメでも2クール26話やってきて最後の超ご都合主義は激しく吹いたw
最後の敵味方入り乱れて合体するのは前作と同じかと言いたいところだが、よくわからない吸収され方で逆転してLOVE(まぁこれはEVOLと名がついてたので予想できたw)になって、ミカゲが離脱して、不動司令に憑依・・・
つか、司令は生身の人間でそこに居れるのか?、実態してない思念の塊なのか?w
まぁ、「細かいことはいいんだよ」って言われそうだし、笑いながら見れたので決して嫌なわけじゃないのだが、散々女子が居なくなってどうのこうのってやってきたアルテア界の事、あれだけ近づいた2つの星のこと、カグラは何故に受け入れられてるのか・・・
説明不足というか触れなさすぎじゃねぇか?w
未公開版があって今後補完とかあんなら、まぁ、いいんですけどねw

音楽は前作同様、菅野よう子さんの作曲、AKINO with bless4さんが歌う王道パターンで、「まさにこれぞアクエリオン」だなった感じの歌で良い感じです。

これだけは断言しておきましょう。
CRアクエリオンEVOLは間違いなく出ますなw
つか、このためにつくr(ry

個人的評価
内容「A」音楽「S」総合「A」

2012年第2クール(春アニメ)感想7(Fate/Zero 2ndシーズン)

2012.07.02 (Mon)
120702-001.jpg
©Nitroplus/TYPE-MOON・ufotable・FZPC
Fate/Zero-アニメ公式サイト-

選ばれしマスター(魔術師)がサーヴァント(使い魔)を召喚し、どんな願いでも叶える聖杯をめぐって争う。
その争いを「聖杯戦争」と呼ぶのだが、7人のマスターとサーヴァントが争う「聖杯戦争」は、決して生ぬるいものではなく、ぶっちゃけどす黒い殺し合い。
元々今シリーズは「Fate/stay night」の10年前を描いた作品で、今作はそのシリーズの分割2クール目。
マスターの戦略、サーヴァントの戦闘シーン他なかなか面白いのだが、サーヴァントが争わず、マスター同士の殺し合いで終わってしまうシーンがあるのがよくわからない。
まぁ、コレ系のアニメによくあるパターンなのだが、元々の原作の設定が細かく、アニメだけではかなり理解するのが難しい。
なので、この作品にかぎらず、一切原作読まない俺の目線での感想だと思っていただきたい。

まぁ、映像も綺麗で終始考えつつ楽しめたのだが、ラストシーンは・・・原作未読者には理解不能という結論に達しましたw
自作につながる?と、言いたいところなのだが、そもそも時系列的にこの後になる「Fate/stay night」は公開されているので・・・リメイクプリーズ?なのかなw

個人的評価
内容「B」音楽「A」総合「A」

チッ、ミスったかw

2012.07.01 (Sun)
120701-001.jpg
から梅雨のお陰で毎日自転車通勤できているので走行距離が順調に伸びて
444km
120701-002.jpg
500kmと言いたいところだが、ミスって501km
言い訳をさせて頂くならば、気がついた時は確かに500kmだったんだが、邪魔にならない場所に移動したら501kmになってしまったのである(キリッ)

より大きな地図で 仙台市役所からの距離 を表示
500kmとなると、思えば遠くに来たもんだ状態で、花の都大東京を通り越し、静岡市の清水区地点まで到着する。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。