スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローソンの進撃の巨人キャンペーン

2013.12.16 (Mon)
131216-004.jpg
先日からローソンで開催されてる「進撃の巨人キャンペーン」
アニメのキャンペーンは珍しくないローソンだが、今回のキャンペーンは「ここまで力入れてやるんか?」と、突っ込みたくなるほどの力の入れようだw
「何個買うと何が貰える」はさすがにコンプする気はない(と言うか、コンプするといくら掛かるんだw)ので、安めのオリジナル商品ぐらいは買っておこうかとw
131216-002.jpg
131216-003.jpg
巨人というだけあってデカイ商品が多いw
ウォールパンも、目薬と比べてみれば大きさが判るw
味はいまいt(ry)・・・コーヒー味がもうちょっと濃いほうがいいぞw
131216-005.jpg
カップラーメンは普通w
巨峰ウォーター・・・味薄くね?w
131216-006.jpg
131216-007.jpg
なんか語ってらっしゃるw
131216-008.jpg
131216-009.jpg
この流れw
131216-010.jpg
折角なのでお菓子2個で1つ貰えるクリスマスカード
ミカサ版、リヴァイ版を貰っておいた。
スポンサーサイト

2013年第3クール(夏アニメ)感想21(進撃の巨人)

2013.12.16 (Mon)
131216-001.jpg
TVアニメ「進撃の巨人」公式サイト
©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
全25話
原作:漫画
ジャンル:ダークファンタジー
制作:WIT STUDIO

タイトル通り人間(というより、この作品だと人類という表現が正しい?)より大きい「巨人」に抵抗する話。
巨人から身を守るため大きな城壁を作りその中で生きている人類。
攻めてくる巨人から必死に戦い守り、一方で碧外に調査に行ったり、巨人を捕獲調査しようともする。

人間が結構捕食されるので、グロいと言われてるがw、そこはダークファンタジーの醍醐味で(?)OK。
戦闘シーンもスピーディーだし、ミカサ、リヴァイ他特色あるキャラも多いので、25話サクサク進むので面白い。
25話費やしても「俺たちの戦いはこれからだ!」で、終わるどころか、秘密だらけ(笑)なので、とっとと続編作っちゃって下さい。
1.笑えるか「A」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「S」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「A」
総合評価「S」

見慣れた封筒@ローソン

2013.12.09 (Mon)
131209-002.jpg
先日毎度毎度のローソンからの封筒が2つ届いた。
こちらも毎度言ってる気がするが、開けるまで何が入ってるかわからないというか覚えてない。
んで、今回は物語シリーズの文房具セットだった。
記憶が正しければ3P消費で抽選に当選したやつだと思う。
131209-003.jpg
表は学校名
131209-004.jpg
裏は番組名。
131209-005.jpg
中身はいたって普通というか、何の印字もないただのノートw
131209-006.jpg
ボールペン付き
131209-007.jpg
もう1つもノート
こちらは外れ10Pの先着のやつだったと思う。
131209-008.jpg

突然だが、
戦場ヶ原ひたぎ>羽川翼>千石撫子>忍野忍>八九寺真宵>神原駿河
の順で宜しくお願いしますw
131209-009.jpg
こちらの中身はもっと何もない、罫線すら無いノートだったw

2013年第3クール(夏アニメ)感想20(BROTHERS CONFLICT)

2013.12.09 (Mon)
131209-001.jpg
TVアニメ『BROTHERS CONFLICT(ブラザーズ コンフリクト)』 公式サイト
©ウダジョ/エム・ツー/アスキー・メディアワークス/ブラコン製作委員会
全13話
原作:メディアミックス
ジャンル:恋愛
制作:ブレインズ・ベース

親が再婚し新しい兄弟ができた。
その数なんと13人、それも全員男・・・オトメイト作品だと気がつくのに時間はかかりませんでしたw

主人公役の「朝日奈絵麻」の中の人、サトリナ事佐藤利奈さんの声は現在2番目に好きなのでw最後までちゃんと見ましたw
1.笑えるか「A」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「B」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「A」
総合評価「A」

なんだかんだ言ってもFF好き(笑)

2013.12.08 (Sun)
131208-002.jpg
131208-003.jpg
131208-004.jpg
FF13シリーズ最新作の「ライトニングリターンズFF13」が発売されて約2週間
前評判悪い(前作の評判が悪いというのが正しいかw)割には30万超えるセールスなのは、流石FFブランドと言うべきか、FFブランドなのに30万ちょっとってのは寂しいというべきなのか・・・
30万セールスだと、中古市場に出てきて値崩れするのも早いなとか、ちょっと意地悪い考えも思いながらも、FF好きなのは間違いないので、せめてものご奉仕というかwファミマでやってるコラボ商品をコンプしてみた。

2013年第3クール(夏アニメ)感想19(サーバントXサービス)

2013.12.08 (Sun)
131208-001.jpg
TVアニメ「サーバント×サービス」公式サイト
©高津カリノ/スクウェアエニックス・サーバント×サービス製作委員会
全13話
原作:漫画
ジャンル:コメディ
制作:A-1 Pictures

区役所で働く公務員の面白おかしい(?)日常。
公式によると略称は「鯖アニメ」らしい。

見始めて即「ん?WORKING!!か?」と思ってググったら、原作者が同じで納得。
WORKING!!同様、仕事場をメインにしたギャグっぽい日常は、面白おかしくまったりしてていい感じに癒やされます。
WORKING!!は3期、鯖は2期よろしく!
1.笑えるか「S」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「S」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「A」
総合評価「S」

想定内(笑)

2013.12.04 (Wed)
131204-002.jpg
今週の火曜日からファミマでキン肉マンシリーズ肉まん第2弾として「ラーメンまん」が発売された。
「ラーメンまん」発売と聞いて「想定内、予想通り」と感じた人は多かったのではないかと思うw
131204-003.jpg
坦々風とのことで甘いあんで、ラーメンよりやわらかすぎるパスタっぽい感じ
131204-004.jpg
髪の毛も細かく作りこんでるし、裏紙もこってるし、ファミマのコラボシリーズは手が込んでる気がする。
某コンビニもこの点は見習うべきかと。
オリジナル商品と言いながら、おやつごろのパッケージと味を変える程度じゃなくね(失敬w)

2013年第3クール(夏アニメ)感想18(犬とハサミは使いよう)

2013.12.04 (Wed)
131204-001.jpg
TVアニメ「犬とハサミは使いよう」
© 2013 Shunsuke Sarai / PUBLISHED BY KADOKAWA CORPORATION ENTERBRAIN / 犬ハサ製作委員会
全12話
原作:ライトノベル
ジャンル:コメディ
制作:GONZO

超読書好きな主人公「春海和人」は喫茶店で強盗から女の子をかばって死んでしまう。
しかし、読書への執念から・・・・犬に転生する(笑)

犬になった和人を拾ったのが、和人が大好きだった作者でヒロインの「秋山忍」
何故か和人の声を聞くことが出来る。
担当編集者、和人の妹他、登場人物がいろいろな意味で変(笑)
今まで、アニメは見れど読んだ本は数冊と、本読みとは縁のない人生な俺なので、読書最高云々のシーンは理解できない(笑)
後半のバトルとか、何でやってるのかよう判らんが、コメディなのでOKだろうw

1.笑えるか「A」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「A」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「A」
総合評価「A」

まどマギの映画

2013.12.02 (Mon)
131202-005.jpg
10月下旬に公開されたまどマギの映画だが、月末から翌月上旬まで忙しく3週目にしてやっと見に行った。
何度かアニメの映画を見に行ってるが、初めて来場特典なるものを貰った。
131202-006.jpg
「デジタル時代にフィルム?」と思ったが、特典のためにわざわざ作ってるんですかね。
ランダムに貰えるので、物によっては高値で取引されるらしいが、今回もらったマミさんがキュゥべえと会話してるシーンは・・・・大した価値(?)は無いのかと思う(笑)

2013年第3クール(夏アニメ)感想17(超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION)

2013.12.02 (Mon)
131202-004.jpg
TVアニメ「超次元ゲイム ネプテューヌ」公式サイト
© 2013 アイディアファクトリー・コンパイルハート/ネプテューヌ製作委員会
全12話
原作:ロールプレイングゲーム
ジャンル:ゲーム
制作:david production

RPG(ロールプレイングゲーム)が原作というか、そのキャラや設定を元に作ったアニメらしい(原作のゲームをやってないのでよくわからんw)
RPG=ドラクエ、FFな俺の認識では、このキャラでRPGか?と少々疑問は感じる。
まぁ、最近は、テイルズ、アトリエシリーズにも手を出しているので、ゲームが原作と聞くと、「アニメを見て良かったらゲームを買ってみようか?」と、思いながら見始める事が多くなってきた気がする。

可愛らしいキャラデザが売りだろうwこのアニメ。
どっかで見た気がするなぁと思って調べたら、以前見た「デート・ア・ライブ」と同じデザイナー「つなこ」さんなんですな。
うんうん、このキャラデザ・・・・ストライクですなw

アニメの内容は、ライバルだった4人の女神とその妹達が協力して敵を倒す、結構王道な流れ。
本作は原作ファンにも結構評判良かったとか。
アニメ→原作でも問題ないのでは?と思うので、ヤフオクで安く買えたらやってみようと思いますw

1.笑えるか「A」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「A」
4.キャラデザ「S」
5.OP、ED「A」
総合評価「A」

これでコンプ?

2013.12.02 (Mon)
131202-001.jpg
読売新聞に掲載される物語シリーズセカンドシーズンの放送開始告知広告
今回でラスト?だろう第5弾は「恋物語」
がはらさんこと「戦場ヶ原ひたぎ」にスポットを当てた作品で、千石撫子との恋愛のもつれ(笑)に決着が付く作品らしい(原作読んでないので詳細わからず)
ちなみに、物語シリーズはもとより、化物語、偽物語に登場する人物の中で、戦場ヶ原ひたぎが一番好きですw
131202-002.jpg
全5シリーズの告知広告だが、知ってる人は「神原駿河にスポットを当てた花物語がない?」となるのは必然らしい。
尺が足りなかったのか知らないが、花物語は後日やるらしい(時系列的に恋物語の後日だから?)
放送は楽しみに待つとして、その時もまた告知広告やるのだろうか?

2013年第3クール(夏アニメ)感想16(Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ)

2013.12.01 (Sun)
131201-004.jpg
「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」公式サイト
©2013 ひろやまひろし・TYPE-MOON・角川書店/「プリズマ☆イリヤ」製作委員会
全10話
原作:漫画
ジャンル:魔法少女、バトル
制作:SILVER LINK.

ぶっちゃけタイトルが読めませんでしたw
「フェイト カレイドライナー プリズマ イリヤ」で通称「プリヤ」と呼ぶらしいw
Fateシリーズの作品とのことだが、同シリーズは「Fate/zero」しか見たことがないが、キャラ名や地名、武器とか馴染みのものが出てくるのは、何となくいいかんじw

Fate/zeroは設定とか細かく難しいよく考えられた作品な感じを受けたが、これは申し訳ないがw
「可愛らしい女の子がスティック振りかざして悪い人を倒しちゃおう!」
的な作品かなと推測し・・・・
そのノリで見て、まぁ、大体そうだったと思うw
これ系きらいじゃないので、2期も決まったとのことで、次回作も楽しみです。

1.笑えるか「A」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「A」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「A」
総合評価「A」

うっかり(笑)

2013.12.01 (Sun)
131201-001.jpg
だいぶ前にローソンから届いてた見慣れた封筒2つ。
棚の上にあげて開封するのすっかり忘れてたw
開けてみたらたまこまことたまこまーけっとのクリアファイルだった。
131201-002.jpg
裏も同じじゃないなんて結構やるやんw
131201-003.jpg
もう1つはアイマスことアイドルマスターのラバーストラップ
アイマスは興味が無いので誰かにあげよう。
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。