スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィジコおめでと~

2005.03.06 (Sun)
今週からF1の2005年シーズンがオーストラリアGPで開幕した。
今年からトルコGPが新たに加わり19GPの長いシーズンが始まる。

土曜日の予選中に雨が降りだす混乱があったが、日曜本戦は天候も安定し、今年からルノーに移籍したジャンカルロ・フィジケラが自身2度目の優勝を果たした。
フィジコは記録上は2度目の優勝なのだが、今回が実質の初優勝と言っていいだろう。
こう書くと「なぜ実質上の初優勝?」、「初優勝になんかあった?」と、思われると思うので、2003年ブラジルGPでの出来事を書いておこう。
2003年ブラジルGPは大雨の中開催され、スピン、クラッシュ、リタイヤ続出の中、何とかレースが継続されていた。
しかし遂に、55周目にウェバーが激しくクラッシュしパーツをコース上にばら撒いたため赤旗中断、レースの75%を終了していたのでこの時点で打ち切ってレース成立となった。
この時点でフィジコはトップを走っていたのだが、レギュレーションでは赤旗終了になった場合、2周前の53周時点の成績が採用されるので、53周目のトップだったライコネンの優勝(フィジコは次の54周目にトップに立った)となった。
しかし5日後、55周目に赤旗が振られたさい、トップに居たフィジコが既に56周目に入っていた事実が確認され、その2周前(54周目)のトップだったフィジコを優勝に変更すると発表になった。
なので、レース後の表彰式はもちろん、インタビューなども一切無し。
実力があるのにつきが無いといわれ続けたフィジコをとても象徴する出来事だった。
しかし、フェラーリ入りを熱望しなかなか戦闘力のあるチームに在籍できなかった彼だが、今年は前評判の高いルノーに移籍したので「かなりやりそう」と、思っていたが、いきなり優勝とは恐れ入りましたw
フィジコはとてもナイスガイwなので、応援してる選手の一人です。
前評判通りルノーの車は早いので、今年はかなりやってくれそうでますます楽しみです。
また、今年から変更になったレギュレーションの影響がとても大きく現れたGPでもあった。
明日は「レギュレーションの変更」について書くとしようw

2005年オーストラリアGP結果
優勝:フィジケラ(ルノー)
2位:バリチェロ(フェラーリ)
3位:アロンソ(ルノー)
4位:クルサード(レッドブル)
5位:ウェバー(ウイリアムズ)
その他主な結果
Mシューマッハ(フェラーリ):42週目リタイア
佐藤琢磨(BAR):14位
バトン(BAR):11位
トゥルーリ(トヨタ):9位
Rシューマッハ(トヨタ):12位

詳しい結果はFormula1.com(オフィシャルサイト)まで

今日のみんごる
G1:B-21以上
アロハバック強風リン限定(100人参加)
49位><;

ワイルド(22人参加)
4位入賞

ノーザン風表示無し(32人参加)
9位><;
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/106-b17eca10
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。