スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年第2クール(春アニメ)感想16(坂道のアポロン)

2012.07.14 (Sat)
120713-001.jpg
(C)小玉ユキ・小学館/「坂道のアポロン」製作委員会
アニメ「坂道のアポロン」公式サイト

父親の仕事の関係で転校を繰り返してきた主人公「ボン」こと「西見薫」は人付き合いが得意ではない。
高校に入学して同じクラスになったいかにも不良っぽいいでたちの「セン」こと「川渕千太郎」は見た目と違い面倒見が良い。
センの幼馴染「りっちゃん」こと「迎律子」の実家はレコード店。
本作のメインである「ジャズ」を通し次第に打ち解け、恋をしていく。

音楽、男の友情、恋愛、家庭環境と盛り沢山な内容なのだが、全体的にシリアスな感じ。
後半盛り上がっていくのだが、最終話だけ詰め込み過ぎというか、尺足りなすぎ?な感は正直した。
センが出ていってから再会するまで唐突すぎるような気が・・・
偶然にあった百合香さんの写真からセンの居場所って8年後に話し振った意味がw
2-3話ぐらいにしてもっと細かくしてやっても良かったんじゃないかなと。
いっそ2クールにしとけばよかった?

個人的評価
内容「A」音楽「A」総合「A」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1084-707e103d
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。