スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂にって感じ

2012.09.06 (Thu)
120906-001.jpg
120906-002.jpg
仕事も終わって、ちとみんごる仲間内で話題になってたBOSSのオマケを貰いつつ帰ろうかと思って駐車場に降りたら120906-003.jpg
自転車の前輪がぺちゃんこ(笑)
思えば、今朝通勤途中に歩道の段差を超えるときに柔らかい感覚だった(通常は跳ね返される感覚)のを思い出した。
その時からパンクしてたのだろうが、幸い穴はデカくなかったのか、スローパンクチャーって奴で、片道11kmの通勤を難なくこなしてしまったってことですわな。
そして、仕事してる間に誰にも気付かれず、そう、ゆっくりと・・・・(笑)
まぁ、自転車に乗ってればパンクするのは避けられないので準備はしていた。
クロスバイクを買って3ヶ月。
いつかパンクするだろうと思っていたので、遂にこの時がやってきたって感じ。

さて、パンクしたら「修理する=穴をふさぐ」なのだが、面倒なのでもっと簡単な方法で対処。
それは「チューブ交換」
120906-004.jpg
クロスバイクなどのスポーツサイクルは、実はメンテしやすい構造になってる。
120906-005.jpg
ブレーキを外して
120906-006.jpg
レバーを
120906-007.jpg
倒して固定してるネジをクルクル
120906-008.jpg
簡単にタイヤが外れます
これ見て気がついたと思いますが、工具なしで外せます。
120906-009.jpg
暑いのでw室内に戻ってタイヤからチューブを取り出し
120906-010.jpg
事前にアマゾンで買っておいた予備のチューブ945円(もっと安く買った気がするw)
120906-011.jpg
噛まないようにタイヤに入れて
120906-012.jpg
完了
120906-013.jpg
念のため噛んでないかチェック
120906-014.jpg
携帯空気入れでシュポシュポ
何気に重労働(汗)
120906-015.jpg
いつも7barに調整してるのだが、家まで帰れれば充分なので・・・
これ以上入れると汗だくになるのでやめたとも言うw
120906-016.jpg
外したのと逆の手順で取り付けて終了
初めてにしては悩まずすんなり終了
所要時間は手順確認し写メりながらで40分。
慣れれば30分切れますな。
後輪はチェーンがあるので複雑そうに見えるが基本同じらしいw
こちらもいつかはパンクするだろうから、またその時にw

帰宅後パンクしたチューブに空気を入れて穴を確認したら内側に穴が開いてた。
ということは、何かを踏んでタイヤに刺さり穴があいたのではなく、段差を超えるときに無理な力が加わってリムがあたり穴があく、いわゆる「リム打ち」だったと思われ。
リム打ちは空気圧が少ない時に起こりやすいと言われているが、今週頭に空気入れたばかりなので・・・
無理に段差乗り越えたわけでもなく、チューブ交換時にタイヤ外した時にリムがむき出しになってないか確認し問題なかったので、寿命ってことですかねw
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1114-0097dcb7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。