スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年第3クール(秋アニメ)感想5(アクセル・ワールド)

2012.09.26 (Wed)
120926-001.jpg
アクセル・ワールド [ Accel World ]
©川原 礫/アスキー・メディアワークス/AW Project
24話(2クール)
原作:ライトノベル
ジャンル:学園物、ゲーム
制作:サンライズ

2046年、「ニューロリンカー」と呼ばれる首に装着する量子接続携帯端末で、ネット接続や仮想世界が当たり前の時代。
見た目が冴えない男子中学生主人公ハルユキこと「有田春雪」は、突然美貌な先輩で本作ヒロインの「黒雪姫」に謎のプログラム「ブレインバースト」の世界に誘われる。

設定がとても細やかなので、簡単には説明できないのだが、メインな流れは
ブレインバーストは対戦ゲーム的なもので、アバター同士で対戦をしポイントを集めレベルを上げていく
ブレインバーストは加速世界で、基本実際の時間の1000倍に加速されている

ハルユキの幼馴染「チユリ、タク」達が絡み、ゲームと現実の様々な問題に立ち向かっていく。
今作は2クールもので、前半はハルユキがレギオンマスターである黒雪姫の役に立ちたいとの願いから、強くなろうとするさまが描かれている。
後半は加速世界を現実世界で悪用するダスクテイカー(能美征二)との死闘が描かれている。

ぶっちゃけ後半の能美編は、能美のやることなす事超絶にむかつくので、
「イライラするから、黒雪姫先輩早く戻ってきてぶっ飛ばしてくださいよ!」状態で見てました
なおかつ、幼馴染のチユリが能美の手伝いをするシーンも続くので、
「チユリ、お前は何をやってるんだよー、むかつくから早く能美編終われよ!」
状態にwww

最終話で修学旅行先から十数時間かけて駆けつけた黒雪姫先輩登場で
「先輩キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!w」
チユリの行動の意味がわかった時は
「チユリさん、色々文句言ってすみませんでした」
と、声に出して謝ったのは秘密ですねw
最後、ダスクテイカーが命乞いをするので、優しいハルユキが助け→裏切られる展開かと思ったのだが、あっさりとどめを刺したのは、ちょっと意外で何気に超すっきりしましたなw

原作のラノベはまだまだ続いてるようなので、2期3期と是非お願いしたい作品ですね。
間隔開けずによろしく!

1.笑えるか「A」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「S」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「S」
総合評価「S」
おすすめの回「第24話:Reincarnation;再生」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1120-f97a3e5f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。