スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年第3クール(秋アニメ)感想6(だから僕は、Hができない。)

2012.09.27 (Thu)
120927-001.jpg
TVアニメ「だから僕は、Hができない。」公式サイト
©2012 橘ぱん・桂井よしあき/富士見書房/僕H製作委員会
全12話(総集編含むと13話)
原作:ライトノベル
ジャンル:ファンタジー、学園物、エロ
制作:feel.

死神界からやってきたヒロイン「リサラ・レストール」
リサラは人間界に「特異者」を探しにやって来たのだが、リサラ達死神が人間界で活動するためには、エナジーと呼ぶ「人間のいろいろなエネルギー」を必要とする。
エナジー切れで自宅前で倒れているリサラと偶然出会った男子高校生主人公「加賀良介」は、死神リサラに後3ヶ月の命だと知らされ、それを救ってもらうことを条件に、リサラと仮契約をしエナジーを提供することになった。

良介のエナジーの源が・・・エロ(笑)
エロイことを想像すると、エナジーが高まってリサラにエナジーを提供できるってことっすw

エロとギャグを全面に押し出しながら終始展開するのかとおもいきや、後半はシリアスな展開に・・・
前半の学園物のラブコメでハーレム色を後半も維持したほうが良かったような気が・・・
最後まで見ても、何でタイトルが「僕H」になっているのか、結局わからなかったのは気のせいじゃないと思うw

1.笑えるか「A」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「B」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「A」
総合評価「B」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1121-f13a93af
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。