スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年第3クール(秋アニメ)感想9(カンピオーネ!)

2012.10.04 (Thu)
121004-001.jpg
TVアニメ「カンピオーネ! ~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~」
©丈月城・シコルスキー/集英社・「カンピオーネ!」製作委員会
全13話
原作:ライトノベル
ジャンル:バトル、ハーレム
制作:ディオメディア

高校生主人公「草薙護堂」は祖父の使いで訪れたイタリアで出会った騎士「エリカ」共にまつろわぬ神・ウルスラグナを倒し、神の能力「権能」を得て神殺し、魔王「カンピオーネ」になる。
ストーリーはカンピオーネとなった護堂が王に使える者と共に「まつろわぬ神」を撃退していく。

護堂の権能「ウルスラグナの化身」は10の神の化身の深い知識がないと発動できず、普通の高校生だった護堂にはその知識がない。
その知識を得るには、その知識を持つ王に仕える騎士や巫女から享受してもらえばいい。
その教授の方法が・・・・・キスすることwww
ようは魔王は望んでいないのに使える騎士、巫女が可愛い女の子で・・・・ハーレム化の展開であるw
ストーリーが進むに連れ、おにゃのこが次々と現れて、「あぁ、また新しい嫁候補が現れたかw」な展開が何故か心地いいwww
今クールNo1で間違いないなw
EDは某声優さんが歌っているのだが、決して・・・なのだがwww歌は不思議と癖になる、何気に名曲なのかもしれないw

1.笑えるか「S」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「S」
4.キャラデザ「S」
5.OP、ED「S」
総合評価「S」
おすすめの回「第7話:風よ、雨よ、狼よ」「第10話:荒ぶる魔王、太陽の勇者
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1128-bef1927b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。