スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年第3クール(秋アニメ)感想11(貧乏神が!)

2012.10.11 (Thu)
121011-001.jpg
TVアニメ「貧乏神が!」公式HP
© 助野嘉昭/集英社・「貧乏神が!」製作委員会
全13話
原作:漫画
ジャンル:ギャグ、学園物
制作:サンライズ

女子高生主人公「桜市子」は巨乳w・・・なのは置いといてw、容姿端麗、頭脳明晰、無病息災と非の打ち所がない。
貧乏神に言わせれば、人は人を幸せにする「幸福エナジー」を持っていて、市子の持つエナジー量は生まれながらにして異常だという。
異常なのはその量にとどまらず、他人からエナジーを吸い取る特異な人物だという。
貧乏神「紅葉」は、市子が他人からエナジーを吸い取るその力を無効化すること、多すぎるエナジーを元あるところ(吸われた人へ?)戻すことを使命として人間界に送り込まれる。

紅葉が当たり前のように市子の学校に転向してくるのは学園物のお約束w
どこからともなく湧いてくるキャラ、何も不自由していないように見える市子の過去との絡み等、ジュールなギャグアニメとしてテンポ良く進む感じは良い感じ。
最終話のOPに今までのEDを持ってきたのは良かったと思います。
俺的にはED>>>>OPだったのでw

1.笑えるか「A」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「A」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「S」
総合評価「A」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1132-30a1a1ef
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。