スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年第3クール(秋アニメ)感想17(恋と選挙とチョコレート)

2012.11.13 (Tue)
121113-001.jpg
「恋と選挙とチョコレート」 公式サイト
©sprite/fairys・恋チョコ製作委員会
全12話
原作:恋愛ゲーム(エロゲ)
ジャンル:学園物、ラブコメ
制作:AIC

主人公「大島裕樹」は通称「ショッケン」こと食品研究部に属しているが、そのショッケンは仲の良い友達がお菓子を食べてダラダラ過ごす程度で大した活動もしていない。
生徒会長選挙が始まるのだが、その有力候補の1人でヒロインの1人でもある「東雲皐月」の公約に「無駄な部活動の廃止」があり、ショッケンも含まれているからさぁ大変・・・
ショッケンを守るためにはどうしよう?
ショッケン部員の誰かが生徒会長になればいいね!、ということで意見はまとまったのだが、お約束の展開でw大島が立候補するはめに。

たかが生徒会長選挙だが、巨大な学園なので、いろいろな利権が絡んでるとかでダークな妨害工作とかあったりする。
ヒロインの事故死した弟のトラウマとかシリアスな展開もあるが、原則w学園物でハーレムもの。
だが、メインヒロイン「住吉千里」とは最初から彼女的な位置づけなので、あからさまなハーレムものでもない。
エロゲ原作とのことだが、エロはほぼ無い。
「Annabel」が歌うOP「シグナルライフ」は何気に名曲だと思います!
それと、キャラデザなんですが、アマガミとかぶってませんかねぇ・・・w

1.笑えるか「A」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「A」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「S」
総合評価「A」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1151-6431e126
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。