スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年第4クール(秋アニメ)感想8(緋色の欠片第二章)

2013.02.11 (Mon)
130211-001.jpg
TVアニメ『緋色の欠片』公式サイト
©IF・DF/「緋色の欠片」製作委員会
全12話
原作:恋愛アドベンチャーゲーム
ジャンル:ラブコメ、バトル
制作:スタジオディーン

恋愛アドベンチャーゲーム「緋色の欠片」のアニメ版。
本作は分割2クール目。
主人公女子高生「春日珠紀」は世界を滅ぼす力を持つ「鬼斬丸」を歴代封印してきた玉依姫の末裔。
1クール目のラストで玉依姫の力が覚醒したと思われたが、まだ不十分だった。
玉依姫を守る守護者と共に、鬼斬丸を狙うロゴスを退け、再び封印すべく戦っていく。

魔法系バトルっぽいのが連発な展開だが、守護者の1人「鬼崎拓磨」との恋物語も。
ラスボスに大苦戦のパターンかとおもいきや、玉依姫として覚醒モードであっさり撃破だったのはなかなかどうしてナイスw
まぁ、1クールでも書いた気がするが、ED後に守護者の男性陣が女性向けに語りかけるのは、男子的にちと勘弁していただきたいw

1.笑えるか「A」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「A」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「A」
総合評価「A」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1192-d815c66a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。