スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年第1クール(冬アニメ)感想6(新世界より)

2013.05.07 (Tue)
130507-001.jpg
新世界より|テレビ朝日
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.
全25話
原作:小説
ジャンル:ファンタジーSF
制作:A-1 Pictures

人間が呪力と言う超能力を持った世界。
呪力を持った人間と、持たない人間との間で争いが起こり、また呪力を使い殺戮が繰り返され人類は破滅しそうになる。
徹底した管理と抑制で何とか平穏を取り戻した1000年後「新世界」の話。

本作ヒロイン「渡辺早季」の手記を元にナレーションが入りながら進む。
学生時代の12歳・14歳、社会人になってからの26歳の三部構成なのはダレなくて良い感じ。
原作が分厚い小説とのことで、設定が細かく難しいとのことだが、アニメ版だけでも理解できて楽しめる。
社会人編は結構ホラーっぽいとこもあるので、夜中に1人で見た時は「チト怖すぎワロエナイ」状態になったこともw

早季役の「種田梨沙」さんが歌う前半のED「割れたりんご」はアニメの世界観とマッチしてとてもいい曲だと思います。
とても不思議で考えさせられる内容な良作といって良いアニメだと思うんですが、作画が残念だったのが残念でwなりません。

1.笑えるか「A」
2.泣けるか「-」
3.面白いか「S」
4.キャラデザ「B」
5.OP、ED「S」
総合評価「S」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1237-cb344dcd
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。