スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Logicoolは神か?(笑)

2013.09.14 (Sat)
ここ数日、「シングルクリックしたつもりがダブルクリックになる」「ドラックして移動中にドロップしてしまう」現象が起こっていた。
電池抜いて入れなおすと症状治まるので、「電池かな、寿命かな、騙し騙し使えるところまで使って交換だな」程度に思ってた。

そして、いつもの様に暇な時に某巨大掲示板を眺めていたら「またLogicoolのマウスがチャタった」的なスレットが立っているのを見た。
チャたるってなんだよとググれカスしたところ「チャたる」→「チャタリング」だとわかった。
そして、同時に俺のマウスに起こっている症状がまさにそれじゃないかと(笑)
スレッドを読んでると「保証期間なら交換してくれるんだぞ」と激しく興味深いレスを発見。
保証書とか無くても保証期間の3年以内なら交換に応じてくれるとも買いてあった。

早速保証書を探し無事発見したが、Amazonで買った領収書はなかったので3年以内か不明。
Amazonの購入履歴を見ると、購入日が「2010年9月25日」だったので、保証期間超ギリギリなことがわかった(笑)

LogicoolのHPからサポートアカウントを取得して
「こんな症状が出ているのだがが修理してもらえるか?」
と、依頼を出してみた。
「保証書、領収書を写メって送ってほしい」

「保証書はあるが、領収書がない、Amazonの履歴で購入日は証明できる」

「購入履歴のスクショ、電池カバー内にあるコードを写メって送ってほしい」

130914-001.jpg
修理ではなく交換
その商品は既に製造終了しているので、同等の商品の2種類から選んでほしい。
修理品は処分してくれ。
と、神対応(笑)
俺の安物マウスの寿命が後数年伸びたと思うと激しく満足。
Logicoolのサポートは神対応!に偽りはなかったですね(笑)
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1310-af4cf8dc
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。