スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年第3クール(夏アニメ)感想9(神さまのいない日曜日)

2013.11.04 (Mon)
131104-001.jpg
TVアニメ『神さまのいない日曜日』公式サイト
©入江君人・茨乃/富士見書房/神ない製作委員会
全12話
原作:ライトノベル
ジャンル:ファンタジー
制作:MADHOUSE

人が死ななくなり生まれなくなった世界の話。
死なない人はゾンビとしてさまようようになる。
さまよう死者を墓守は葬ることが出来る。
主人公ヒロイン「アイアスティン」は墓守と人間のハーフ。

3話ぐらいのオムニバスっぽい展開で進むので意外とサクサク。
ハンプニー・ハンバートが3話でお役御免になった時は「をい、もう終わりか?w」とおもったのは俺だけじゃないはず。
EDの入り方、特に3話の入り方はぐっとくるものがあった。
キャラデザも結構好きだけど、静止画シーンが多いのは気になりましたな。
アニメーションだけに、ね。
あと、ラストのシーン、各方面で???になってるように、理解できませんでしたね。
未放送13話があるようなので、それにてスッキリ?
1.笑えるか「A」
2.泣けるか「A」
3.面白いか「A」
4.キャラデザ「S」
5.OP、ED「S」
総合評価「A」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1333-12acba39
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。