スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年第4クール(秋アニメ)感想6(革命機ヴァルヴレイヴ2ndシーズン)

2014.01.27 (Mon)
140127-002.jpg
『革命機ヴァルヴレイヴ』

© SUNRISE/VVV Committee, MBS
全12話
原作:オリジナルアニメーション
ジャンル:ロボット
制作:サンライズ

本作は分割2クール目。
結論から言うと、1クール目で超盛り上がって2クール目で落胆ってとこでしょうか(笑)
序盤から事あることに話しに出てきたエルエルフのリーゼロッテが登場まもなくあっさりと死んだり、ヒロイン的な位置づけだったショーコちゃんとの関係もあやふやのまま。
リミッターがないマリエが戦闘後ルーン消滅で死に至る話。
これはいいとして、主人公のハルトも同じ原因で死ぬのは何の捻りも無いだろ!と、言いたくなる。
最終回も解説入れなきゃ判らんのか?と言いたくなるような早回し展開、尺足りなかったのか?
序盤からちら見させてきた200年後の話もようわからんし・・・エルエルフが神父?ショーコちゃんなんで生きてんの?噛み付き?
折角面白かったのに尻切れトンボ過ぎ。
オリジナルアニメなんだからこの辺りきちんとしてくれと言いたいところ。

こう書くと面白く無いのか?と言われそうだけど、おもしろい回ももちろんあった。
マルエ開放の回の戦闘シーンなんかは涙なくては見られないし、音楽も良い。
兎に角わからないことだらけで尺足りなすぎで勿体無い。
4クールぐらいでゆっくりやるべきだったのではないだろうかw
劇場版か3期でもやるつもりなのか?(まぁないだろうがw)

1.笑えるか「A」
2.泣けるか「A」
3.面白いか「A」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「A」
総合評価「A」
おすすめの回「第16話マリエ開放」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1372-6730c2f1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。