スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年第4クール(秋アニメ)感想11(境界の彼方)

2014.03.03 (Mon)
140303-001.jpg
TVアニメ『境界の彼方』公式サイト
©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会
全12話
原作:ライトノベル
ジャンル:ダークファンタジー
制作:京都アニメーション

人間に害をもたらす「妖夢」、その妖夢と闘う「異界士」が存在する世界。
人間と妖夢のハーフ「半妖」な主人公「神原秋人」と、メガネが似合うw異界士でヒロイン「栗山未来」を中心に話は展開する。
まぁ、京アニ作品なので作画もよろしく、最近お約束となりつつある繰り返される口癖セリフ的なものも有り、結構面白かったと思います。
栗山さんの自己犠牲な展開の回想シーンは、思わずポロリと来ました。
ですが、「俺たちの戦いはこれからだ!」的な終わり方ですねw

先輩!続編ありますよね!、無かったら、不愉快です!(笑)

1.笑えるか「A」
2.泣けるか「A」
3.面白いか「A」
4.キャラデザ「A」
5.OP、ED「A」
総合評価「A」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/1384-1fe939e8
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。