スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーザリオ、アメリカンオークス圧勝で8頭めの海外G1制覇!!!

2005.07.04 (Mon)
アメリカのハリウッドパーク競馬場で3日(日本時間4日午前8時前)に第4回アメリカンオークス(G1)が行われた。
日本から遠征挑戦したシーザリオ(Cesario)が4馬身差で見事圧勝した。(JRAのHPでVTRが公開されています)
不利と言われていた大外枠からの発走だったが、スタート良く最初のコーナーで3番手につけると、内を少しあけながら余裕の追走。
3コーナー手前で逃げていた馬が下がってくると同時に徐々に進出し、2番手追走の馬を馬なりでかわし、直線に入ったときは4,5馬身差。
追い出されてからも突き放し、最後は流して4馬身差の圧勝!
いやぁ、マジで強すぎ!
レース後角居調教師が、秋に行われるブリーダーズカップフィリー&メアターフ(3歳以上牝馬限定G1の最高峰)の挑戦について、 「オーナーと相談して前向きに検討したい」と、言っていた。
ぜひ挑戦してぶち抜いちゃってください!

えぇ、ちなみに、シーザリオの妹(競馬界での兄弟は母が一緒の時)シルクプレアデス(父がスペシャルウイークからアドマイヤベガに変更)に出資してるんです、はいw
海外G1なんて大きい事言わないから、デビューしたら1勝してね。

シーザリオデーター
父:スペシャルウイーク
母:キロフプリミエール
馬主:キャロットファーム
調教師:角居勝彦
主戦騎手:福永祐一

アメリカンオークスデーター
開催地:アメリカ・ハリウッドパーク競馬場
距離:1と1/4マイル(約2,000m)
その他:芝の左回り、3歳牝馬限定、賞金総額:75万ドル(1着賞金45万ドル)

今回のシーザリオで8頭目、通算11回目の日本馬の海外G1制覇になる。
また、日本産馬(日本で生産された馬)に限ればよる海外G1初制覇はシーザリオがはじめて。
過去の日本馬による海外G1制覇は以下の通り。
シーキングザパール(1998/8/9:モーリスドギース賞:フランス・ドーヴィル競馬場)
タイキシャトル(1998/8/16:ジャックルマロワ賞:フランス・ドーヴィル競馬場)
エルコンドルパサー(1999/7/4:サンクルー大賞:フランス・サンクルー競馬場)
アグネスワールド(1999/10/3:アベイユドロンシャン賞:フランス・ロンシャン競馬場)
ステイゴールド(2001/12/16:香港ヴァーズ:香港・シャティン競馬場)
エイシンプレストン(2001/12/16:香港マイル:香港・シャティン競馬場)
アグネスデジタル(2001/12/16:香港カップ:香港・シャティン競馬場)
エイシンプレストン(2002/4/21:クイーンエリザベスⅡ世カップ:香港・シャティン競馬場)
エイシンプレストン(2003/4/27:クイーンエリザベスⅡ世カップ:香港・シャティン競馬場)
そして、
シーザリオ(2005/7/3:アメリカンオークス:アメリカ・ハリウッドパーク競馬場)

今日のみんごる
G1:王以上限定
ノーザンバック強風スズキ限定(74人参加)
51位><;

アロハ強風(69人参加)
32位><;

川奈バックチーム(27人参加)
6位入賞

ノーザンビッグボール限定(14人参加)
10位><;
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/227-f7d5128b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。