スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版「機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-」を見てきたw

2006.03.30 (Thu)
先日ZGⅢの映画を見てきた。
公開2日目に見たので今回で2回目w
富野御大のお考えを理解するためには2回見てちょうどいいかも(少ないとも言うw)
で、見た感想。

「噂通りキリマンジャロ、ダカールは無かった。フォウ死んじゃった?」
TV版では2回目の地上降下でいろいろとあるんだけど、3の映画では地上に降り立つシーンは無い。
やっぱり、フォウは2で死んじゃったって事><;
あくまでフォウは2のヒロインで終了、「永遠のフォウ」となったって事と理解w
自分的にはTV版でのダカールのシャアの演説、キリマンジャロの戦い(アムロが完全復活してるので)は好きなシーンなのであっても良かったかなぁって。

「誰も知らないラスト」
まぁ、多方面で言われていた(言われなくてもわかるとも言うw)通りラストシーンでZガンダムの主人公であるカミーユの精神が崩壊せず正常のまま帰還。
ファと抱き合ってハッピーエンド。
TV版Zガンダムはカミーユの精神が壊れておかしくなっちゃう(後半バンバン登場人物が死んでカミーユの精神が蝕まれ、ラスボスwのシロッコと刺し違い覚悟で突っ込み倒した後、シロッコにカミーユの精神を道連れにされカミーユの精神が崩壊する)のだが、はじめて見た時は正直「どうなんだろうなぁ」と思った。
これが映画版では180度違う結末になったのだが、正直「ほっとしたと言うか、良かったなぁ」と思った。
と、同時に「ZZどうすんねん!」ともw
知らない人(知らない人はこれを読まないと思うがw)の為に一応説明w
ZZには精神が崩壊したままのカミーユが登場し、その意思がところどころでZZの登場人物に影響を与える。
なので、ZZの映画化は無いんだろうなとw
別なサイトでチラッと読んだんだけど、今回の映画は映画版ファーストと逆襲のシャアの間の存在。
確かに逆シャアとZZとの関係は無い(シャア、アムロは沈黙って事で登場しないのでOKだと思ってる)ので成立するかなって。

「ラストにアムロ登場」
最後にアムロ、ベルトーチカ、フラウ、ミライの地球組が登場。
一応逆シャアに繋げるって事と勝手に理解したのだが、まさか劇場公開にあたって行われた舞台挨拶に古谷徹さん(アムロの声優さん)を使うために・・・って事はないですよね、御大!w

最後に今回の3部作を見て。
宇宙世紀のガンダムはやっぱり面白い。
面白いだけにカットされまくる映画は物足りなさも感じる。
TV版とまったく違うもの捕らえればいいんだろうが、やはりTV版の印象が強いのでなかなか難しいものはある。
なので、今回の「誰も知らないラスト」と題うって違う終わり方をしたのはよかったのかもしれないなと。
後ね、最初にも書いたけど、ファーストファンの俺的にはもうちょっと2と3でアムロの活躍ぶりを出して欲しかったなって。
これは感想じゃなくて希望ねw
どっかの映画館で1-3通し放映とかやってくれないかなぁw
そんな素敵な映画館には日本全国どこでも駆けつけまっせ(大げさw)
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/379-c4d80467
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。