スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミハエルシューマッハーの引退発表について思うこと

2006.09.13 (Wed)
先日行われたイタリアGPの優勝会見の席で正式に引退発表をしたミハエルシューマッハー(以下彼w)
思えば、F1を見始めたのはアイルトンセナ、アランプロストのセナプロ時代の後半の頃で、彼は毎年数人デビューする新人のうちの一人としてF1に現れた。
その後メキメキと頭角を現し7度もワールドチャンピオンになった彼も、最近は昔と言うか全盛期の頃には考えられなかったミスも犯し、衰えは隠せない感じはあった。
彼のファンである自分の中で「もう引退で良いかなぁ」と思っていたところの「イタリアGP後に重大な発表=引退発表」のニュースは、なんとなくほっとした感覚になった。
だが、実際レース後の発表により引退することが現実に確定すると、「まだやれるんじゃないか?」と、現役続行を望む気分になるから不思議なものだ。
思えば、セナは悲運の事故によりあっという間に居なくなり、引退と言う場面は無かった。
悲運の事故は悲しいけど、別な意味で最高の引き際になったのかもしれないと思う。
そのセナの記録に追いついたときに流した彼の涙は今でも忘れられない。
そんな、天に召されたセナを知る彼が引退すると、そのセナも一緒に引退するような、居なくなるような感じを受ける。
そんな感覚にとらわれると、神様セナと皇帝シューマッハーがF1から去るのは、やっぱり寂しく感じます。
が、決まった以上はどうしようもないので、残り3戦は皇帝らしい走りで勝利し、8度目のワールドチャンピオンを獲得、華々しく引退してほしいです。

最後に、セナのことは嫌いな人は少ない(ほとんど居ないと思う)が彼のことは嫌いだと言う人が居るのも事実だと思う。
理由は「勝つ為には手段を選ばない彼やチームの行動手法」だと思う。
彼のファンの自分から見ても、たまに「やりすぎかな?」と思うときも確かにあるが、ここまで勝利に貪欲になれる彼とチームは、やはりすばらしいと思う。

その中心人物を失うフェラーリは、彼の役回りを来年移籍してくるキミライコネンに求めるのか?
それとも、今までののような絶対的なファーストドライバー、絶対忠誠のセカンドドライバーの上下関係はやめ、平等にやるのか?
この点はとても興味があります。
ルノーのようにうまくやるのかw、フェラーリのようにあからさまにやるのか?も含みますw
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/442-c2aded38
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。