スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSSE(Microsoft Security Essentials)を一時停止する方法

2010.10.26 (Tue)
うちのさもないブログですが、結構「MSSE(Microsoft Security Essentials)」関連の検索ワードで辿り着く人がいるので、ちとネタを提供(笑)

無料でそれなりに使える(はずw)MSSE(Microsoft Security Essentials)
検索とかサクっと終わるので重宝してますが、定義ファイルを更新する時に、他の作業をしていると、特にうちのような非力なシングルコアのPCだと何気に重く感じたりします。
特にネットゲームをしてる時に裏で更新作業に入られると辛いものがあります。
基本的には手動更新なので、この類の問題に出くわすことはないと思うんですが、以前書いた「MSSE(Microsoft Security Essentials)の定義ファイルをDOS窓出さずに更新」ってことをしてると、裏での更新に出くわします。
後、別なソフトをインストールするときに、「セキュリーティーソフトはOFFにしてください」と、注意されるときがある(らしい?)ので、MSSEを一時停止する方法を探してみた。
101026-001.jpg
スタートメニューから「ファイル名を指定して実行」で「services.msc」
101026-002.jpg
サービスの中の「Microsoft Antimalware Service」を見つけて、右クリック停止
101026-003.jpg
タスクバーのMSSEのアイコンが赤くなり「危険です」のメッセージが出て停止状態になります。
101026-004.jpg
MSSEを開いてみると確かに停止しています。
101026-005.jpg
再開は「今すぐ開始」をクリックしても良いですし、最初に戻って(ファイル名を指定して実行)サービス開始してもOKです。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yukkimingol.blog2.fc2.com/tb.php/836-3c4b321b
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。